昨日は、ここ数年恒例となりました岩見沢市民吹奏楽団「第22回定期演奏会」(会場/まなみーる岩見沢市民会館大ホール、開演/18:00)を家族三人で聴きに行って来ました。教室生徒さんのお父様・お母様の中に楽団員さんがいらっしゃいまして、2009年の第14回定期演奏会の時に初めて御招待頂きましてからワタクシは毎年聴かせて頂いております。今日、以前のプログラムを見てみたら、定演を聴かせて頂くようになり、かれこれもう9年目になるんですね~!第14回からのプログラムは全部ファイルに入れてちゃんと取ってあるんですよね♪

【第22回定演プログラム】

≪1st Stage≫
◎美中の美 (J.P.スーザ)
◎オセロ (A.リード)
◎スケルツァンド (江原 大介)
◎サン・アントニオ・ダンス (F.ティケリ)

≪2nd Stage≫
◎ディスコ・キッド (東海林 修)
◎天国の島 (佐藤 博昭)
◎昭和アイドル・コレクション (郷間 幹男・編)
◎長谷和明の音楽畑
◎雨の慕情 (浜 圭介・作、山下 国俊・編)
◎美女と野獣セレクション (A.メンケン・作、L.ラヴェンダー・編)
◎アメリカン・グラフィティⅩⅥ~クインシー・マジック~ (岩井 直博)

 最初の1曲目、「美中の美」っていい曲ですね!「何か素敵なことがはじまろうする予感」という感じがして、聴いていて楽しくなりました。1st Stageは、その後、オセロという曲からコンクールで取り組んだ2曲へと続いて行きました。この辺りは、じっくりと吹奏楽の醍醐味を聴かせてくれる感じのステージでした。2nd Stageは、例年通り、団員さんたちも軽装にチェンジ、「聴かせる」というより「楽しませる」という感じのステージ。ちなみに「美女と野獣」は勿論ワタクシも大好きな映画なのですが、初めて岩吹さんの定演を聴きにいった9年前、第14回のプログラムを見てみたらこの時も(セレクションではありませんが)「美女と野獣」を演奏してました!ちなみにpart2、9年前のトリの曲は「ティコ・ティコ」、この曲もワタクシが大好きな曲です。実はこの年は、真由美先生が東京に行く用事が入って、ワタクシ一人で聴きにいったんですよねぇ~。

 今年のトリの曲「アメリカン・グラフィティⅩⅥ~クインシー・マジック~」、タイトルだけ見たら最初ピンと来なかったですが、演奏が始まって・・・昔やってた「テレビ三面記事」でよく聴いたフレーズが聴こえ「おっ!」と思い、そして気が付くと頭や足でリズムをとってた「Ai no Corrida(愛のコリーダ)」、とっても楽しく聴かせて頂きました!最後の最後は毎年恒例、お馴染みの「エルクンバンチェロ」、年々テンポが早くなってきて今年は超スピード、思わず昔流行った交通標語「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」という文字がワタクシの頭の中で横断する!(笑)

 という事で、岩見沢市民吹奏楽団定期演奏会、今年も大変楽しませて頂きました!どうもありがとうございました(o^_^o) mariyurinopapa