今日は、久々だったような気がする・・・朝から青い空。夜中か明け方かわかりませんが、降った雪は薄っすらとしたもので雪かきするほどのことでも無く、また、昨日、家の前に積み上げた雪山は業者さんが排雪にきたようで消えてたから、青い空のように気分は良かった。でも、気温は低かったようで、午前6時頃はマイナス14℃くらいだったようですね。

 ワタクシは知らなったですが、ここ数日の岩見沢の大雪、全国的なニュースになっていたんですね。東京など道外にお住まいの真由美先生のお友だちがテレビのニュースで岩見沢の豪雪のことを知って心配してくださってメールなどをしてくださったようです。岩見沢に住んでいて、大雪には慣れているとは言え、やはりちょっと異常な積もり方だと思いますが、全国ニュースにまでなっていたとはヽ(^o^;)ノ

 此間、2月24日の管理人のひとりごと「毎コン、課題曲など発表!」の中で、「今日も忙しくて朝やっただけでその後は時間取れなく、教室レッスンが終った後、夜中にやることにしました。」と書きましたが・・・真由美先生のレッスンが終って、生徒さんが帰られた後からですから21時半くらいからだったと思います、雪かき開始!で、23時頃に終えて、先ずは寒い中で汗をかいたので、温かなお風呂(熱いお風呂ではなくね)に入って。乃菜先生から「輝く子どもたちの~」のプログラム校正でメッセージが来ていたので返信、それから一人で晩御飯食べて、疲れた身体を癒すために軽く?晩酌。なんやかんやして、もうすでに眠くなってたので、寝ようと思って・・・でも、その前に何気に窓から外を見たら、一瞬、金縛り。「なんやねん!この雪は!腹立つわぁ~!」と心の叫び・・・ではなく、クチに出てた(笑)。ちょっとお酒入ってたので自分でも心配でしたが、朝早起きするのも嫌だし、業者さんの排雪に間に合わなかったら車を停めるスペースが少なくなるし。で、外出てみたら尚一層ビックリで家の前の道路も膝ほどパウダースノーで綺麗に埋まってるし。ワタクシが外に出たことに気づいた麻里江先生が2階の窓から顔を出したので、思わず「なんやねん!この雪は!ホント腹立つわぁ~!」とまたスコップ片手に。

 午前2時半くらいから除雪スタート。家の前、生徒さん用の駐車スペースにママさんダンプで雪を積んで。途中、何時頃だったろう?市の除雪のブルドーザーが来る。少し大きめ。道路の雪をザーっと?ガガガっと?バァ~っと?何と表現して良いかわかんないからご想像にお任せ致しますが、危ないから少し離れた所から見てたら、ブルに押されて?かきわきられて?削られる道路の雪が家の前、まるで大きな津波のように一旦はワタクシの背丈かそれ以上の高さになって家の駐車場に押されて置かれていく。取り敢えずに念のため、カーポート中の真由美先生の車だけは出せるようにまた除雪。

 その後かな?新聞配達のお兄さんが来たり、そんな大雪の未明の時間なのに何故か犬の散歩をしている見知らぬお爺さんが通ったり(ワタクシは臆病なので本当に人間なのかチョット心配になった)・・・結局、5時頃まで雪山作って、またお風呂入ってから就寝。ゆっくりと眠りたかったが、何故か?忙しそうに階段を降りたり上がったりする真由美先生の足音で目が覚める。そしてまた寝不足の一日。

 今年の如月は28日までなので、明後日からは弥生となります。暦では既に春ですが、北海道の場合は、雪はまだもう少し続きます。三月、雪解けの頃なのに吹雪になることもありますが、でも、こんな豪雪、こんな積雪はあまり無いですよね。今冬はこんなにいっぱい雪降ったけど、新型コロナウィルスの影響で岩見沢の雪の祭典「第31回 IWAMIZAWAドカ雪まつり」もオンライン開催だったようですね。色んなイベントが・・・仕方ないこととは言え「なんだかなぁ~」と。

 新型コロナウィルスや超ドカ雪で我慢と大変な2020年度でしたが、その分、雪が解けて春の風が吹くようになったら、楽しく幸せな2021年度になりますように♪ mariyurinopapa

下記の2枚は一昨日25日(木)の朝4:30頃の写真です。
生徒さん用の駐車場スペースも車庫前も雪かきで山となりました(汗)。
IMG_7880
IMG_7883
下記の2枚は、本日の写真。近くの道路(バス通り)です。
高い絶壁のようです(汗)。

IMG_7888
IMG_7887