昨日の3月14日はホワイトデー・・・って、それとは関係ありませんが、安倍首相は新型コロナウィルス(正式名称「COVID-19」)対応について記者会見、北海道新聞によりますと「改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言を巡り『現時点で宣言する状況ではない』と表明した。政府の要請で臨時休校している学校の再開時期に関し『各地域の感染状況を踏まえ、専門家の意見を聞きながら判断したい』と述べるにとどめた。延期論があある東京五輪ついて『感染拡大を乗り越えて無事、予定通り開催したい』と訴えた。」とのことです。一方、13日には、アメリカ合衆国のトランプ大統領が「国家非常事態」を宣言、また、WHO(世界保健機関)は「新型コロナウイルスが世界的に大流行するパンデミックの中心が、ヨーロッパになったという見方を示した。」とのこと。中国をはじめとしたアジア圏の次にはヨーロッパやアメリカが続くだろうくらいなことは、ワタクシのような者でも予想することは出来ましたが・・・。

 さて、2月17日に札幌と名古屋でのコンサートに出演するためにベルリンから一時帰国した友梨香さんですが、当初、コンサートの後、少しゆっくり実家で過ごして、明日、3月16日のベルリンへ戻る予定でおりましたが・・・彼女の通うベルリン芸術大学も閉鎖になることが発表されたので、ドイツに戻るのを延期することにしました。当初は、3/16にドイツに戻って、そして5月に出演予定のコンサートのタイミングに合わせてまた日本に一時帰国する予定でした・・・それでも現在のヨーロッパの状況、新型コロナウイルスの感染が日本国内以上に加速されている中、そしてアジア人に対する差別や暴力も少なからず発生しているというニュースも聞いておりましたので家族としても大変心配でしたし、彼女もベルリンにいるお友だちとも連絡をやりとりしながら迷っておりました。大学が閉鎖になり、それであれば今ドイツに戻る意味がないと踏ん切りがついて、日本滞在期間を5月10日のコンサートを終える迄、変更することに。しかしながら、旅行会社となかなか連絡が取れず(電話がなかなか繋がらず)これまた大変だったようです。

 ちなみに5月10日(日)のコンサートは、毎年恒例の「家族で楽しむピアノコンサート vol.8」です。第2回目から昨年までは4月下旬に開催してましたが、今年はたまたま5月10日(日)に岩見沢まなみーる中ホールが取れましたので(実は最初は塞がっていて別の日程で開催予定でした)、今年は5月に開催することにいたしました。ちなみにpart2、2月下旬の連休(2/22~2/24)の後の2月25日に関係者全員が集まり選曲会議を行いましてプログラムも決定・・・思えば、この2月下旬の連休の後から様相が一変、イベントが次から次へと中止または延期という方向に。勿論、5月10日(日)に関しても今は開催予定というところです・・・。チラシ・ポスターのデザインは既に出来上がってますがまだ印刷には出してません。今後の状況を見ながらということになります。

 ちなみにpart3、こちらも毎年恒例となりますが、5月17日(日)、まなみーる文化センター音楽室にて、ピティナ・ピアノコンペティションと毎日こどもピアノコンクールに向けて「ピアノ公開レッスン会」を行う予定です。今年も山下聡先生に講師をお願いしております。但し、今年は状況によっては「公開レッスン」ではなく「非公開の個人レッスン」に変更する場合もあります。4月上旬に受講生募集のご案内をするつもりですが、公開でも非公開でもレッスンであることには変わりはありませんので、受講を希望される方はどうぞよろしくお願いいたします。

 先日の3月11日、東日本大震災から9年となりました。あの大きな震災の後、「音楽の持つ力」「スポーツの持つ力」ということをよく言われました。それは癒しだったり、和だったり、元気や勇気だったり・・・。しかながら、今、新型コロナウィルスの前では、むしろその「音楽の持つ力」「スポーツの持つ力」というものをある意味、封印せざる得ない苦しい状況になっているように思います。普通にコンサートやスポーツ大会が開催できる明るい日常、早くそうなって欲しいものですね。 mariyurinopapa
kazoku_de_tanoshimu_vol8_flyer_1omote
【チラシのイメージ図】
まだ印刷にかけてませんが、このようなデザインです。曲目もご覧ください♪