今日は久しぶりに雪かきしました。積雪量は多くはなかったですが、パウダースノーで軽くて、スキーには良い感じの雪質かな?と思ったり。

 さて、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA、中学生部門のアジア大会は昨日今日の演奏で、教室生徒さんのR君は昨日に演奏、そして今日は結果が出来ました。という事で、今日は総括として真由美先生の“ひとりごと”です・・・

****************************************

 1月1日から東京に滞在し、3日から始まったショパン国際ピアノコンクールin ASIA。全国大会とアジア大会は今日の中学生部門のアジア大会で教室生徒さんの演奏は全て終了となりました。

 今回は教室から13人の方が全国大会に出場、初めて大きな大会に出場する方や、何回目かの全国大会出場の方など、それぞれが自分の目標を掲げて挑戦しました。

 毎年、会場でそれぞれの学年の演奏を聴いたりしていますが、今回はいつもに増してレベルがとても高く、感動する演奏がありました。全国大会での演奏者はとても多いため、当然普通に弾くだけではダメで、何かキラッ!と光るものがある方の演奏はとても心に残っています。

 今回教室の生徒さんは、アジア大会で金賞1名、銀賞1名となりました。なかなか思ったような結果に繋がらなかった生徒さんもいますが、これに向けてたくさん練習をしてきたのは、出場したみなさんが同じで、その本番に一番いい演奏が出るように調整して向かって行かなくてはならないのです。地方からの参加者は移動などがある分、その点がとても大変ですが、それぞれの反省点や課題に向き合いながら、これからもまたしっかりと取り組んでいこうと思います。

 出場した生徒さん、サポートして下さったご家族の皆様、お疲れ様でした。

 さて、私は明日の飛行機で北海道にかえります。午後からは新年のレッスン開始となります。

****************************************

・・・とのことです。中学生部門銀賞、誠におめでとうございます。そして、出場された皆さんも先生方も大変お疲れ様でした。 mariyurinopapa
20200114_アジア_菅原琉聖IMG_9556