管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

2019年12月

 今日は、結構、雪積もりました。朝に夕に、2回雪かきしました。今日は、普通に日曜日で、教室もお休み・・・なので、教室駐車場に雪積んで(軽く雪山状態)、明日はきっと業者さんが除雪にくるので持って行って貰います。それにしてもいつも思うの、雪かきしてる時間、その1~2時間が勿体無い。仕事が出来ない。┐( -"-;)┌

 さて、ここの所、忙しくてなかなか更新してませんでしたが、昨日、ミュージックページを更新しました。今回は久々にラフマニノフ・シリーズで♪ラフマニノフ、麻里江先生や友梨香さんは好きで、これまでにいざ勝負という時に弾いたりすることもありまして。しかしながら、生徒さんはあまりやってないかな?・・・主に音大や音高に進学希望の子が取り組んだりするくらいかな。なので今回のミュージックページも全て麻里江先生と友梨香さんの演奏のものです。もう何度か聴いた事があるかもしれませんが(笑)、まぁ~ワタクシも何となく好きなので♪

 ラフマニノフと言えば・・・当HPのイベント情報にもアップしてますが、明後日の12/10(火)、まなみーる大ホールにて北海道教育大学岩見沢校の定期演奏会が開催されます。オーケストラとの協演、昨年はピアノがいらっしゃらなかったのですが、今回はラフマニノフの「ピアノ協奏曲 第2番 第3楽章」が演奏されるようです。この時期、忙しいということもあり、昨年は聴きに行けませんでしたが、今年は聴きに行きたいと思ってます(その分、今日も休まず仕事です、汗)、ちょっと楽しみ♪ちなみにザ・クラシックコンサート岩見沢2019に声楽で出演してくださった方が合唱でソリストを歌うとのことで(Facebook情報)、こちらもちょっと楽しみです♪

 北海道教育大学岩見沢校、(娘たちはこちらの大学には進学しませんでしたが)ワタクシは、ザ・クラシックコンサート岩見沢を通して学生さんたちと少し繋がりが出来るようになり、また、近年は教室生徒さんも進学、更につい先日も推薦入試の合格発表があり生徒さんが進学することが決まり、益々応援し甲斐が出てきました(*^^*)

 明後日の定演、お時間がありましたら皆さんも是非、まなみーるへ♪ mariyurinopapa

event_20191210_kyouikudai_teien

 12月に入りましたので、今年も早速、飾ってみました・・・クリスマス・ツリー♪

 ピアノレッスン室(2台ピアノのお部屋)の出窓のところ、大きくはありませんが電飾が少し華やかなツリーはワタクシが担当。ソルフェージュコースのレッスン室となってるお部屋は麻里江先生が担当。リースは真由美先生が担当なのですが、今日は歌志内教室に行ってますのでまだ飾ってません。

 例年通り変わらず、大きな仕掛けはなく、ささやかなクリスマス・ツリーですが、日が暮れた時間のレッスン、生徒さんが教室に来た時にほんの少しでも明るい気分・楽しい気分になってくれたらいいなぁ~と思って♪(*^^*) mariyurinopapa
20191202_クリスマスツリー

 いよいよ今年も最終月、師走となりましたね。一年は、ホントに早いですね~!

 さて、ワタクシは仕事があって行けませんでしたが、今日はまなみーるで札響のコンサートが開催され、真由美先生と麻里江先生が聴きに行って来ました。 

 と言うことで、今日は麻里江先生のひとりごとです・・・

****************************************

 今日はまなみーる岩見沢市民会館大ホールにて、「札幌交響楽団演奏会 まなみーるDEクラシック2019」が開催され、昨年に引き続き今年も真由美先生と聴きに行ってきました♪
今年のプログラムはシベリウス&グリーグの北欧プログラム!演奏会のチラシも北欧風のイラストがとても素敵だな〜と思っていました(^^)

 第1部はシベリウスの『「カレリア」組曲』、『悲しきワルツ』、『交響詩「フィンランディア」』。個人的に「フィンランディア」は学生時代・通学時にウォークマンでよくリピート再生していて(朝に聴くとテンションが上がるのでオススメです!笑)、生のオーケストラで聴くのは初めてということもあり、とても楽しみにしていました!客席で聴く「フィンランディア」は、迫りくるような迫力と、華やかで美しい音色がダイレクトに伝わってきて感動的でした。演奏会が終わった今でも、金管のリズムがずっと頭の中で鳴っています…(笑)

 第2部はグリーグ作曲の『劇音楽「ペール・ギュント」音楽物語』。ピアノ連弾などでもよく演奏される、「ペール・ギュント」ですが、今回は曲間で指揮者の佐藤俊太郎さんによるお話もあり、より音楽と物語を結びつけて聴くことができました♪

 シベリウスとグリーグ、どちらも北欧を代表する作曲家です。叙情的で哀しみを携えたメロディーや澄んだハーモニーの響き、時に熱く迫りくる迫力により伝わってくる幻想的、ファンタジーの世界観は北欧音楽ならではの魅力だと、今日の演奏会で感じました。

 今日から12月、まなみーる館内はクリスマスの装飾できらめいていました!そして雪の降り積もった岩見沢、…今日は暖かく道路はべちゃべちゃツルツルになってしまいましたが…(^^;) 北欧音楽はまさに冬にぴったり!の演奏会でした♪


****************************************

・・・とのことです。母娘二人で演奏会にお出かけ・・・イイですね♪ mariyurinopapa
20191201_まなみーるのツリー
麻里江先生撮影・・・まなみーるのクリスマスツリー

↑このページのトップヘ