昨日・今日と、時間によっては小雨・霧雨になったものの思ったより悪い天候ではなかったと思います。気温は、この時期の割には低かったと思いますが、ワタクシ的には暑いのは苦手なのでよかったかな?

 さて、ピティナ・ピアノコンペティション北日本地区予選、教室生徒さんの参加としては第三週目、最終となりました。昨日・今日、道内5地区で予選が開催、この二日間でも19名・組の生徒さんたちがチャンレンジ・・・全員入賞はしたものの予選通過ならずの残念な結果となった生徒さんもおりました。

 真由美先生のお話し、「受ける場所やホール、ほかに受けられる方の人数よって通過できる条件がかわるため、予選を通過するのはとても大変になっております。予選通過だけに目が行きがちですが、一番大切なのは本番までにたくさんの努力を積み重ねること、そして本番のステージでは緊張に打ち勝ち演奏することなどどれもが良い経験となったと思います。思うように結果に繋がらなかった生徒さんも、その悔しさをバネにまた次に向かう活力にしてほしいです。今まで一緒に理想の音楽を求めて練習してきたことが次に生きるよう、また一緒に頑張っていきましょう。」とのことです。

 一部、道内で開催されていない級の予選はまだありますが、道内でのピティナ予選(教室生徒さんの参加分)は、今日で終了。今年もたくさんの生徒さんたちがチャレンジ、今日までの結果は・・・北日本1地区本選大会に進出となったのはソロ12人・連弾3組、北日本2地区本選大会に進出となったソロ15人・連弾2組、北日本道東地区本選大会に進出となったのがソロ3人・連弾3組、グランミューズ二次進出が1人、G級二次が1人・・・という結果になりました。次のステージに進出された皆さん、先ずはおめでとうございます♪

 次は本選となりますが・・・曲目・会場・ピアノ・審査員と、条件・環境が変わりますと結果も変わる、という事は当然ありますから、ここで満足することなく(気を緩めることなく)、本選の曲も良い状態に仕上げて行って欲しいと思います。

 そしてピティナ予選が終わったら・・・毎日こどもピアノコンクール予選に出場する生徒さんは、二週間なんてあっと言う間ですから、ただ時間的に長く練習をするだけでなく、密度の濃い練習で良い状態に曲を仕上げて行って欲しいと思います。

 さぁ~明日からは七月、またまた頑張っていきましょう!  mariyurinopapa