管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

 この頃、些細な事ですが、日が少しですが長くなりましたのが嬉しくて。用事をたしに16時ちょっと過ぎ外に出ましたが、全然暗くないし、空気は凍れていましたが見上げた空はブルースカイ♪先日からの天気で道路も雪が少し融けてアスファルトが見えるところも。印紙を買いにセブンに、その次にリチウム電池を買いにケーズへ。最後に出たついでにコープでちょっと買い物。いずれの駐車場も融けかけた雪が凍れた空気でツルツル路面状態。転ばないように注意しながら歩くとペンギン歩きに。うん、なんか自分でちょっと可笑しいなと心の中で。
 
 買い物を終えて外に出てまた空を見上げますと真っ青な中に白いほぼ半月、それとまだ暗くはないんだけどそのすぐ近くには一番星。青い空に浮かぶ白い月って好き。調べましたら月齢7.6だそうです・・・うん、でも月齢とかってよくわかんないや(笑)。満月、半月、三ケ月、わかりやすく言うとその3種類。満月と三ケ月って物語に出てきたり絵に描かれるけど、半月ってあまり取り扱われないような気がする。満月の夜と言えば子どもの頃とても恐かった狼男の話しだったり、三ケ月と言えば花王を思い出しますし(笑)、でも半月ってそういうのあまりないかな?って。思い出すとしたら吉田拓郎さんの名曲「旅の宿」の歌詞かな。「上弦の月だったっけ、久しぶりだね、月見るなんて」って♪
 
 さて、いよいよ明後日は札幌コンサートホールKitara小ホールにて「第17回ほっかいどうミュージックフェスティバル」が開催されます。参加する皆さん、まさに曲の仕上がりに向けて猛練習をしている頃だと思います・・・たぶん、きっと。
 
 コンクール部門に参加される皆さんには関係のあること、結果発表(トロフィー授与&講評用紙お渡し)の時間帯が「hmca-blog」に書かれてますのでご覧くださいませ・・・と言ってはみたものの、あちらのblogで書かれたことをこちら「管理人のひとりごと」でもお知らせしてくれるだろうと思っていらっしゃる方もいらっしゃるそうですので、その箇所をコピー&ペーストしておきましょうね。

****************************************************************** 
(以下、「hmca-blog」より)

 今回もコンクール部門の結果発表は、ホワイエを利用してトロフィー授与の形で発表とさせていただきますので、参加者の皆さまのお立ち合いとトロフィーと講評用紙のお持ち帰りをお願い致します。

◎集合場所 ⇒ ホワイエ
 いずれも時間は舞台の進行状況により変更になる場合がありますので、予めご了承願います(予定時間の前後10分間くらいは余裕を見て頂きたくお願い申し上げます)

【幼児の部】 → 12:20頃より予定

【小学校1・2年生の部】 → 14:00頃より予定

【小学校3・4年生の部】 → 14:20頃より予定

【小学校5・6年生の部、連弾の部】 → 15:40頃より予定

【中学生の部、大学生・一般の部、高校生の部】
 → フレッシュアーチストステージ2終了後(19:00頃を予定) 

****************************************************************** 

 明後日、Kitaraのステージで参加される皆さんがそれぞれ頑張ってきた成果が発揮できますよう、楽しく演奏出来ますよう、お祈り申し上げます♪ mariyurinopapa
17th_kaisai_youkou_top_1225



 先日、運転中にラジオで聞いたお話、まぁ~この時期によくある話だと思いますが「おせち料理に飽きたら食べたくなるのは?」って話。やはりというか予想通りと言うか、定番という言うか、第一位は「カレーライス」でした。元旦からしばらく一人暮らしでしたが(笑)、一月三日の朝にレトルトですが函館五島軒の海鮮カレーを食べました。シーフードカレーを食べたのは30年以上振りくらいかな?ワタクシは食べたいのですが、真由美先生は「(美味しく作れない可能性があるので)シーフードは作らなくていい」と言う感じで。なので年末に用事で函館に行ったときにレトルトのを購入、実際には箱の写真のようなエビやカニもがっつり入った豪華なものではなく,リング状のイカが中心。ありゃま!と思いましたが味は美味しかったです。そして1月7日の朝に自分一人で食べるのにルーを使って作ったのは、昔々の母さんが作ったカレーライス風、ジャガイモ&ニンジン大きくゴロゴロ、玉ねぎと豚肉(ビーフカレーよりポークカレーの方が好き♪)もガッツリ入ったやつ。ルーは、普段は買うことがなくなりました「印度カレー」の辛口。自分で作ってなんですが、懐かしい感じ、そして美味かった!朝カレーはその後はまたレトルトですが食べてます。「朝カレー」って数年前、シアトル・マリナーズで活躍していたイチロー選手(当時)が食べてることで話題になったことありましたよね。ちなみに今日のお昼は(麻里江はお出かけで)一人だったので、今年“初ナポリ”にしました。ワタクシの年代、やはりナポリタンも外せないですよね。濃い目の味、久しぶりに粉チーズもたっぷりかけて、うん、自分で言うのもなんですが、なかなか美味しゅうございました♪
 
 さて、本題・・・ショパコン in ASISAの為、二週間の家出をしていた~じゃなくて、二週間の東京出張をしていた真由美先生から最終レポートが届きましたので、今日は真由美先生の「ひとり言」です。
 
*******************************************************************  
 
 1月1日からの東京滞在、いよいよ今日14日が生徒さん出場の最終日でした。今日のアジア大会の演奏を聴いて夜の飛行機で帰る予定でしたが、新千歳空港降雪のため天候調査、飛行機が飛ばない可能性が出てきてしまいました。それなら…と、私は明日朝の飛行機に変更し、今、空港近くのホテルに滞在してこの独り言を書いております。

 前回の独り言ではアジア大会の前日で終わっておりましたが、同時に全国大会も進んでおりました。私、乃菜先生、麻里江先生はそれぞれホテル、レッスン、ホール、とたくさん歩いて移動しておりました。東京では本当によく歩くんです。移動はほとんど歩きと電車ですので、今回の滞在では最高歩いた歩数が15294歩、平均でも毎日10000歩以上歩いてました。北海道にいてこんなに歩くことはないので、すごい!!…と思いますが、残念ながら体重は減ってません!!(話がそれてしまいましたね。)

 ショパンコンクールの話に戻りまして・・・このコンクール初出場、中学生のT君。中学生部門は全国大会ではエチュードとショパンの曲を弾きますので、難易度も上がりかなり大変でした。しかし彼は初めての大会を楽しんでいたようで、結果は残念でしたが、今回の出場でまた新たな目標ができたようです。
 
 同時進行で行われてました小学5・6年生部門アジア大会と小学3・4年生部門アジア大会。こちらは全国大会から日にちがあまり経っていなかったこともあり、本番への気持ちのコントロールがとても難しいことを痛感いたしました。全国大会で良い成績(演奏)だったので、なおさら気負いすぎてしまうのか上手くいかないこともありましたが、小学3・4年生部門でRちゃんが銅賞受賞いたしました。
 
 ショパニストI部門のアジア大会。朝早い順番でしたが、素敵な演奏をしてくれたY君。今までの集大成のような演奏で、アジア大会を銅賞受賞いたしました。

 コンチェルトAA部門出場のYちゃん、麻里江先生と息のあった演奏で全国大会は銀賞。翌日にはポーランド・エヴォリューション弦楽四重奏団の方とのリハーサルがあり、緊張のオケ合わせでした。持ち時間は1人15分、その中でテンポや呼吸を合わせるのは難しいのですが、これも良い経験ですね。アジア大会では緊張の中でも楽しんで演奏ができ、銀賞受賞となりました。とても貴重な素敵な経験でしたね!

 さて、生徒さん出場の最終日、今日行われたのは小学1・2年生部門のアジア大会です。1・2年生は1月4〜5日に全国大会が行われましたので、そこからアジア大会まで約10日間。とても長かったですね。ご自宅で過ごされている方は良いのでしょうが、北海道から兄弟姉妹で出場しているため、途中で家に帰ることもできず、東京に滞在しながら毎日スタジオで練習を頑張っていました。緊張の中、2人ともそれぞれ持ち味を生かした演奏ができ、結果はなんとアジア大会金賞1名、銅賞1名となりました!!

 これにて、今年のショパン国際ピアノコンクール in ASIAのホール審査が終了で、このあとはオンライン決勝にでしている方もいらっしゃいます。また、来週日曜日は「ほっかいどうミュージックフェスティバル」が札幌コンサートホールキタラにて開催されますので、出場される方は頑張ってくださいね。

 1月もあっという間に半月が過ぎましたね。今年も一つ一つ丁寧に頑張っていきたいと思います。
 
  
******************************************************************* 

・・・とのことです。 

 今年も正月早々の東京大出張も終わり、乾燥の東京から雪国の我が家に戻ってきます。生徒さんたちご家族も先生方も本当にお疲れ様でした。そして次は一週間後、第17回ほっかいどうミュージックフェスティバルもどうぞよろしくお願い致します! mariyurinopapa
image_123650291
image_123650291-2

20240103_シーフードカレー
20230107_カレーライス

 ショパコン in ASIA。只今は全国大会がまだの部門もあれば既にアジア大会が始まっている部門もありと、実際に現場にいない留守番舞台としましては少し混沌としてしまうと言いますか?真由美先生たちから来るLINEも本番のため会場に行ったりと思いきやそのあとす直ぐかどうかはわかりませんが別のスタジオとかに行ってレッスンしたり、それでもって真由美先生と麻里江先生がいつも一緒に行動してるわけではないようで、二人の行動が別々にお知らせきたりしますんで、とりあえずは「お疲れ様です」とかスタンプで返信、という感じです。
 
 ということでアジア大会、小学3・4年部門で銅賞を受賞したようです。先ずは、おめでとうございます!全国大会からアジア大会と続き、色々と思うところもあるかもしれませんが、入賞できたことには「ほっ」としたことでしょう♪これから出番の生徒さんたち自分にとってベストな演奏ができまうように頑張って欲しいと思います。
 
 さて、話し変わりますが・・・昨年末(あれ?ワタクシの誕生日の日だったかな?)に買い物に出た真由美先生から「何か買うものとかありますか?」とLINEが来まして、それでちょっと前から「コープさっぽろ」で気にあるフルーツに出会ってしまったものですから、「コープ入って目立つところに今まで食べたことのないグレープフルーツより大き目なアメリカ産のフルーツが売ってるのを見たんだけど、気になっているんでそれ買って欲しい。」とお願い。うん、なんかね、出会ってしまったもんですから、そりゃ気になりますって。お名前は「メロゴールド」っていうんですけど、皆さん、ご存知ありますか?コープでは大きさが三段階くらいになってと思うのですが(二個セットを除き)大きさにより税抜き298円から598円くらいだったかな?
 
 真由美先生、帰宅してビックリ、一番大きな型のを買ってきました。それで夕食の合間に真由美先生が外側の皮を剥き、更に食べやすいように中もひとつずつ綺麗に剥いて食べやすくしてくれましてね、それで食べてみましたら、たしかにグレープフルーツっぽい味なのですが、甘みがあってワタクシ的にはとても美味しく感じました。お名前も「メロゴールド」と、ちょっとステキな感じじゃないですか。
 
 今日、郵便物を出しに出たついでにお部屋の芳香剤やそして今時期はやはりみかんと思いコープによりましたら「メロゴールド」がまた目に入りまして。そういえばグレープフルーツっぽい味で甘く美味しいと思ったけど、味がぼんやりとしか覚えてない。もう一度、味を確認したいという思いが募り、みかんも買いましたが小さくて安い1個税抜き298円のものを買ってみました。昨年暮れに真由美先生が買ってくれた物の半分くらいの大きさ。でも、小さいと言ってもみかんと比べてかなり大きいです。
 
 それでお昼、大きいので皮を綺麗に向いて半分食べて、半分はラップして冷蔵庫に入れて明日の朝に食べようかと思ったのですが・・・此間、真由美先生が剥いてくれたときのように上手に行かなくて、中の実も此間よりちょっと柔く剥きづらく潰してベチャとさせてしまい果汁もピュって飛んで服にかかってしまい。やはり横から半分に切ってスプーンで食べれば良かったと後悔。
 
 結局その後も上手に向けず、美しくないみっともない食べ方になってしまい・・・今日は半分と思ってましたが、剥き方が残念で、何だか、悲しくなってきましたので、そのまま一挙に全部食べてしまいました。うん、なので明日はおとなしく愛媛産のみかんを食べることにします。なんのこっちゃの話しで、すんません(T◆T) nariyurinopapa

20240109_メロゴールドIMG_2323
メロゴールドとみかん、大きさくらべ。
ちなみに真由美先生が買ってくれたのはさらにこの倍の大きさでした♪



 朝の新聞やテレビ・ネットのニュースを見るたびに能登地震の犠牲者が日に日に増えていくのがとても悲しい。何とも辛い。この季節だから被災された皆さまも本当に厳しいとは思いますが頑張ってほしいと思いますし、不明者の方々の無事を祈るばかりです。
 
 日航機と海保機の衝突事故、昨日の北海道新聞の記事、「ハイヒール少なく/乗務員冷静判断」との見出し。記事によりますと「新千歳空港発の日本航空の旅客機が衝突した2日の事故は、衝突から18分間で、全379人(乗客367人、乗員12人)が炎上する機体からの避難を完了した。欧米メディアが『奇跡』とも評した脱出劇を専門家はどう見るのか。」(中略)「約30年間、日航に勤務した元客席乗務員の筑波大客員教授は『18分間が長いとは思わない』と評価。さらに『北海道発の便だったことからハイヒールの人が少なかった』と分析した。脱出用シューターを使った避難の際、客席乗務員はシューターを傷つけ、空気が抜ける恐れのあるハイヒールは脱ぐように指示する。スニーカーやブーツなどを履いてた人が多かったことが『スムーズな避難につながった』と見る。」・・・とのこと。なるほど、へぇ~と思いました。
 
 さて、ショパンコンクール in ASIAのため東京出張中の真由美先生から中間報告、「ひとり言」のメールが来ました♪

******************************************************************* 

 明けましておめでとう御座います。今年もどうぞよろしくお願いいたします。今、私はショパン国際ピアノコンクール in ASIA 全国大会・アジア大会のために元旦から東京にきています。
 
 今年は元旦から大きな地震があり、被害のニュースを見て心を痛めております。この度の石川県能登地方の地震により、被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。また翌日には羽田空港滑走路での飛行機の炎上事故、こちらは新千歳空港からの飛行機だったこともあり、より身近に感じてしまい、テレビでの映像を見て本当に怖くなりました。知り合いや生徒さんがこの飛行機に乗り合わせた方がいなかったことに少しホッとしました。その飛行機事故の影響でかなりの欠航便が出ていますが、コンクール出場の教室生徒さんは無事に東京に入ってきていて、みんな元気にホテルと練習室とホールを行き来をしています。そして東京は連日とても良いお天気なので気持ち良いです。

 さて、現在のところ、まだ全国大会の最中で、これからの部門もあるのですが、今日までの全国大会の結果をまとめますと、小学1.2年生部門で金賞1名、奨励賞1名、小学3.4年生部門で金賞1名、銀賞1名、小学5.6年生部門で銀賞1名、ショパニストI部門で銀賞1名と、合計6名がアジア大会進出となっております。

 明日からアジア大会の始まる部門もありますので、更に集中してステージに向かえるようにサポートしていきたいと思います。
 
******************************************************************* 

・・・とのことです。

 先ずはソロ部門にて各賞受賞、そしてアジア大会進出、おめでとうございます!アジア大会に向けて小さい子どもたちにとって一番難しいのはテンションの維持でしょうか?次の本番舞台でも良い集中力を保って頑張ってくださいね! mariyurinopapa
20240106_01_Yuri
20240106_02_Kosei
20240106_03_Yuno
20240106_04_Rino
20240106_05_Yuzuka
20240106_06_Yua
20240106_07_Yuku


 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。そして、この度の石川県能登地方の地震により、被害に遭われました皆様に心よりお見舞い申し上げます。
 
 我が家は、元日の昨日は早起き。まだ外は暗く、夜空を見上げると晴天なのでしょうね、月も出てましたが星たちも見え綺麗な夜空でした。その中で一段と綺麗に輝く星、明けの明星,金星だと思います。ワタクシの見上げる夜空のまだ低い位置だからと思いますがいつもより大きく見え尚更に妖しく美しく輝いてました。

 午前5時半頃に家を出て、先ずは岩見沢神社に参拝に。流石にたいていはまだ眠りについている時間帯ですから、ワタクシたち家族の他にいらっしゃったのはお一人だけ。真由美先生、iPhoneで岩見沢の気温をチェックしましたらマイナス11℃とのこと。とにかく寒いけど、それがまた気が引き締まるような感じにも。
 
 お参りして岩見沢神社のお札や縁起物を購入、そしてそこから向かうは新千歳空港、そしてワタクシはただの運転手(*^^*)。以前はだいたい1月2日に行ったと思うのですが、近年は雪害の心配もありますので一日早く、元日に行くようになりました。
 
 と言うことで、毎年恒例、真由美先生と麻里江先生の二人は東京へ。今年もショパン国際ピアノコンクール in ASIA 全国大会で出張、麻里江先生はコンチェルト部門の2台ピアノ(オーケストラパート)の演奏を終えてから、真由美先生はその後も数日滞在の予定、なので二週間程の出張となります。その間、ワタクシは一人留守番・・・寝ることと仕事すること、それと雪かき以外は今のところ特に何もありません、のんびりさせて頂きます(笑)
 
 全国大会の生徒さんの出番は明後日から。気持ちを鍵盤に集中させながらものびのびと演奏を楽しんできて欲しいと思います。岩見沢から応援ビームを送りますね! mariyurinopapa
HP用Nenga
 

 

 大晦日。令和5年も終わろうとしています。今年一番の大きな出来事、先ずは生活・健康に関わることですが日本国内では2020年1月頃からになると思いますが、戦争体験のないワタクシたち世代にとって、もしかしたらこれまでで一番の脅威となったのかもしれない「新型コロナウイルス」、ワタクシたちの生活でありとあらゆることに影響して、日常から色々なことが変わってしまい、ありとあらゆることが中止・延期・規制となり、目標としていた道も時に閉ざされ、色々なことが失われつつある中でも無観客での試合や演奏会、動画にチェンジするなど、新型コロナウイルスに対応する術を少しずつ身につけ、それでも新種によって何度も感染拡大して、ことによってはその都度また中止や延期になるなど、随分と苦しめられましたが、今年5月に5類感染症に移行され、その後少しずつ従来の生活を取り戻すことが出来るようになりました。
 
 5類移行後はコロナ渦となりましたこの約3年間、イベントを行う際に感染拡大防止として行われてきました幾つものこと、マスク着用、手指消毒、検温(非接触型体温計を購入)、入場者カードなど名簿取得、ソーシャルディスタンス(客席に関しては一列目着席禁止や一席空けての着席など)、休憩時の換気や座席の消毒清掃、楽屋のドアノブなどの消毒清掃、ピアノ演奏の時には一人一人の交代時に鍵盤や椅子の消毒清掃、管楽器演奏の際の飛沫防止シート、受付ではビニールシートなどパーテーション設置、チケットのもぎりはお客様自身で、プログラムパンフレットも手渡しなし、演奏者への花束や贈り物の禁止、ピアノ発表会ではステージでの集合写真禁止(最初の頃)、ワタクシたちスタッフもマスク(時に二重マスク)を付けて更にフェイスシールド着用など、本当に色々なことしなければならなく大変でしたがその多くが(ホール使用の際)義務付けではなくなりました。
 
 先日、ホールをお借りして練習会と録画会を行いましたが、ホールに入る際に(マスクは個人的に着用してましたが)検温もなければ名簿記入もなし、あらためてコロナ渦では定番だったことを思い出すと、なんとなく何かが軽くなったような不思議な感覚に。
 
 今年のことと言えば、スポーツ界のこと。ワタクシ的には何と言ってもWBCこと「2023 WORLD BASEBALL CLASSIC」ですね。侍ジャパンの優勝!それ自体も凄かったですが、そこに至るまで物語、チームとしてのだったり選手個人のことだったり、テレビで何度観てもWBCのことになると飽きることなく見てしまう。そしく野球ではなくバスケットボールも凄く良かった!こちらも逆転勝利のときは感動して思わず涙。他にもラグビー、卓球。サッカー、バドミントン、フィギュアスケート、他たくさん、今年のニッポンチーム・選手にはたくさん感動や楽しい時間を貰いました。
 
 さて、前置きが長くなってしまいましたが、「管理人mariyurrinopapaのhitorigoto」毎年恒例、家族のこと・教室のこと「今年一年を振り返って」みたいと思います♪
 
★1月・・・

◎第24回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA、全国大会に11名が出場(他1名欠場)、7名がアジア大会に進出し、小学1・2年部門で銅賞1名、小学5・6部門で銀賞1名、高校生部門で金賞1名、コンチェルトAA部門で銀賞1名(オンライン決勝で金賞)、コンチェルトAB部門で銅賞1名(オンライン決勝で奨励賞)、コンチェルトB部門で銅賞1名となりました。またその他、幼児部門で1名がオンライン決勝進出となりました。

◎第16回ほっかいどうミュージックフェスティバルでは、幼児の部で銅賞1名、小学1・2年の部で金賞2名・銅賞1名・奨励賞1名、小学3・4年の部で銅賞2名・奨励賞1名、小学5・6年の部で奨励賞2名、中学生の部で金賞2名・奨励賞2名、高校の部で金賞1名・奨励賞2名、連弾の部で銅賞1組となりました。

★2月・・・

◎第6回赤坂ジュニア音楽コンクール・ソロ部門で、10名が札幌予選より本選(東京)に選出されました。

◎令和4年度岩見沢市教育実践奨励表彰に教室から7名の生徒さんが選ばれました。

★3月・・・

◎まなみーる岩見沢市民会館大ホールにて「第8回北海道少年少女オーケストラフェスティバル in 岩見沢」が開催、当教室生徒さん2人がソリストとしてグリーグの「ピアノ協奏曲」を協演させて頂きました。大変素晴らしい経験をさせて頂きましたこと、声をかけてくださいました主催者代表の助乗先生に心より感謝申し上げます。

◎札幌コンサートホールキタラ小ホールにて「2022年度 毎日音楽コンクール受賞記念コンサート」が開催、教室からソロ2名と連弾1組が出演させて頂きました。

◎コロナ渦で開催を見送っておりました「みんなで楽しむ小さな音楽会」を4年ぶりに開催、ドキドキあり、笑いあり、楽しく温かな時間を過ごすことができました。

◎第6回赤坂ジュニア音楽コンクール本選が東京都港区赤坂で開催、A-1で銅賞1名、A-2で銅賞1名、A-3で銀賞1名、A-4で銀賞1名となりました。尚、赤坂ジュニア音楽コンクールは次回より「ルーマニア国際ジュニア音楽コンクール」と名称が変更となりました。

★5月・・・

◎「家族で楽しむピアノコンサート vol.11」を岩見沢まなみーる中ホールで開催。今回のスペシャル企画は連弾「 湯山昭:“お菓子の世界”より」の演奏中にスクリーンに映すお菓子の絵を大募集!みなさんの大好きなお菓子、食べてみたいお菓子、作ってみたいお菓子などを募集しましたところ、全部で92枚もの作品が集まりました。美味しそうなお菓子、カラフルなお菓子、小さいの、大きいの、色々なお菓子、感性溢れるステキな絵をありがとうございました♪
※尚、皆さんのお菓子の絵は。こちらhttps://hokkaido-music.org/kazoku-de-tanoshimu_vol11.htmlでご覧頂けます。また、家族で楽しむピアノコンサートの一部演奏動画は、こちらhttps://www.youtube.com/playlist?list=PL88JI_n37JbDi3tx_GKPwKcna7fH2wtdcでご覧頂けます。でご覧頂けます。

◎毎日こどもピアノコンクール課題曲・選択曲対応、Yurika先生のアドバイス演奏動画2023年版を限定で公開しました。
※尚、Yurika先生のアドバイス演奏動画はこちらhttps://kimura-piano.net/yurika-advice.htmlでご覧頂けます。

◎まなみーる音楽室にて、毎年恒例、山下聡先生(札幌コンセルヴァトワール副院長・ピティナ北海道支部会長)を今年もお招きしまして、ピティナ&毎コンに向けての「ピアノ公開レッスン会」を開催。

★6月~8月・・・今年も夏のコンクールに多数の生徒がチャレンジする。

◎ピティナ・コンペティションでは全部でソロ32名・連弾6組が予選参加、うちソロ20名・連弾6組が本選に進出しソロ9名と連弾3組が入賞。その中、全国大会にソロ2名と連弾2組が進出し、1名がPre特級でベスト6賞、連弾中級Bで1組がベスト11賞を受賞する。また真由美先生は28回目、麻里江先生は初(新人指導者賞は過去に受賞あり)となりますピティナ指導者賞を受賞。

◎毎日こどもピアノコンクールでは全部でソロ28名・連弾4組が予選(岩見沢・札幌)にて入賞し、うちソロ9名・連弾3組が本選に進出。その中、ソロ3名と連弾2組が入賞する。

★8月・・・

◎家の次女・木村友梨香が、同じくドイツ・ベルリンで学ぶ仲間(佐藤元洋さん・中村淑美さん)の三人で、ジョイントコンサートを札幌と東京で開催する。

◎第1回群馬国際音楽コンクールにて、教室生徒1名が高校生対象のE部門に出場して、第1位を受賞する。

◎毎年秋恒例、中央通り教室に生徒さんたち大集合、みんなで「とうきび収穫」を行う。尚、今年は8月1回と9月1回の2回に分けての実施でした。

◎まなみーる市民会館大ホールにて「ザ・クラシックコンサート岩見沢2023」を開催。今年はピアノ以外の楽器や伴奏出演も含めて木村真由美ピアノ教室で学んだ方々の出演は過去最高の11名でした。

★9月・・・

◎全日本学生音楽コンクール北海道大会予選が札幌ふきのとうホールにて開催、小学校の部で1名、高校の部で1名が本選進出となりました。

★10月・・・

◎まなみーる文化センター中ホールにて「ブルグミュラーコンクール2023 岩見沢地区大会」が開催。岩見沢では昨年から2回目の開催となりましたが、昨年より増え約120名が参集。その中、教室生徒さんの結果は、優秀賞・ファイナル進出が4名、奨励賞2名、努力賞3名となりました。

◎全日本学生音楽コンクール北海道大会本選が札幌コンサートホールKitara小ホールにて開催、高校の部にて教室生徒さんが第1位を受賞、全国大会に選出される。

★11月・・・

◎ピティナ・ピアノコンペティションで今年度より新設の表彰制度となりましたコンペ「A1~F級コンプリート賞」を高校生の生徒2名が受賞いたしました。

◎まなみーる文化センター中ホールにて、木村真由美ピアノ教室演奏発表会「第37回ピアノコンサート」を開催する。

◎ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 札幌1地区大会・2地区大会が開催、当教室生徒も数名が参加、結果、札幌1地区では小学1・2年で金賞1名・銅賞1名・奨励賞1名、小学3・4年で銅賞1名・奨励賞1名、小学5・6年で銀賞2名・銅賞1名、コンチェルトAAで銀賞1名,ショパニストIで金賞1名。札幌2地区大会では小学1・2年で奨励賞1名、小学5・6年で奨励賞1名、中学生で銅賞1名となり、その中、金・銀・銅を受賞しました9名が全国大会進出となる。尚、10月のオンライン地区大会でも1名が全国大会に進出を決める。

★12月・・・

◎全日本学生音楽コンクール全国大会が横浜市で開催。高校の部出場の教室生徒さんが第3位と横浜市民賞を受賞する。

◎ブルグミュラーコンクール札幌ファイナルに4名が出場、うち1名が北海道支部賞を受賞する。


・・・と、だいたいこのような感じでしょうか?(抜けてることがあったらごめんなさい)

 新型コロナウイルス(COVID-19) のパンデミックは収まったとはいえ感染はまだまだありますし、今年はインフルエンザも猛威をふるってます。世界を見ますと国や地域によっては、戦争や災害によって平和や安全から遠のいているところもあります。明るいニュースばかりではないのが切ないところではありますが、それでも明日が楽しく素敵な一日になるように今日という日を大事に生きて繫げていけたらと思います。

 2024年、ワタクシ達家族にとっても皆さんにとっても素晴らしい一年になるように祈っております。来年、またどうぞ宜しくお願い致します♪ mariyurinopapa 



 今日は久しぶりに落ち着いた良い天気だったと思います。でも、ここ数日の岩見沢、ドカ雪で大変でした。12/23(土)の北海道新聞(第1社会)によりますと「最多73㌢岩見沢混乱」「空知・石狩大雪、JR160本運休」との見出しで「道内は22日、冬型の気圧配置が強まった影響で、空知管内や石狩管内を中心に強く雪が降った。岩見沢市では同日午後5時までの24時間降雪量が73㌢に達し、1999年の統計開始以降最多を記録。市内では車の立ち往生が多数発生した。JR北海道は特急と普通列車計160本を運休し、約3万4千人に影響が出た。」とのこと。学校も臨時休校になったり、電車だけではなくバスも運休したらしいですね。
 
 テレビのニュースで岩見沢市の状況が放送されたのを見て、心配メールをくださった方々もいらっしゃいました。テレビで岩見沢が話題に出るのはドカ雪のお話しばかりで、なんだかなぁ~と思ったりしますよね(笑)。ご近所の方々とは「今年もやっぱり(ドカ雪が)きましたね」とか「岩見沢の本領発揮ですね」とか「また降って、昨日、除雪したことが帳消しにされたみたいですよね」などと苦笑い状態でご挨拶。
 
 ワタクシもね、雪と闘いましたよ・・・除雪業者さんと契約してやってもらってはいるのですが、業者さんのブルドーザーが入れない場所と業者さんが除雪した後に積もった雪の除雪、私の人力(ママさんダンプ)でやっているのですが、先日のは朝7:30頃より始めてお昼近くまで除雪にかかってしまいました。昨日は今シーズン初、屋根に上がりました。屋根の雪下ろしまでは時間的にできなかったですが雪庇を落としました。それでもって本日、家の前、雪山となったのを業者さんに持って行って(排雪して)貰いました。これでスッキリしましたが、またいつ雪山が出来ることになるか、考えただけでもイヤになっちゃいますね^-^;アハハ...
 
 さて、話変わって・・・hmca-blogが更新、第17回ほっかいどうミュージックフェスティバルの関係資料を郵送の手配、2~3日中には届くと思います。同じ内容のことがあちらのホームページに掲載されておりますので、注意事項や時間のことなど、参加される皆さんは、読んで確認しておいてくださいね♪ mariyurinopapa
17th_kaisai_youkou_top_1225

 テレビのニュースや新聞、SNSによりますと・・・北海道、あちこちで大雪に見舞われて大変な状況のようですね。北海道新聞によりますと、第1社会面には「留萌市降雪 最多78㌢」「日本海側大雪 32校臨時休校」との見出し、また、地域の話題(空知版)では「管内大雪 沼田で61㌢」「各地で交通障害。臨時休校」との見出し。岩見沢は一昨日とかは少し積もりましたが交通が麻痺するほどでもなく、今日だってお蔭様で雪は降らずにすんでくれました。空知管内は美唄から北の方(旭川方面に向かって)が、大雪のようです。でもまぁ~岩見沢もこれで済むようなことはないでしょうから(^.^;...
 
 さて、第17回ほっかいどうミュージックフェスティバルに関してのお知らせです。今日、久しぶりに「hmca-blog」が更新、各部の開始予定時間が掲載されました。HMFに参加される方には早めに知りたい事柄だと思いますので、お知らせさせて頂きますので、下記のURLよりご確認くださいませ。
 
 
 どうぞよろしくお願い致します! 
 
 話変わりまして・・・家の次女、ドイツはベルリン在住のYurikaさん、先日、Facebookにて「つい先日リューベックにて演奏させていただいたF.リストのバラード第2番を、YouTubeにアップロードしました。ぜひご覧いただけましたらとても嬉しいです。」と動画をアップロードしました。動画のURLを貼っておきますので、良かったらお聴きになっておくんなさい!
 
 F.Liszt / Ballade No.2 in B minor S.171 F.リスト / バラード第2番ロ短調S.171 
 Piano: Yurika Kimura 木村友梨香 
 
 こちらもどうぞよろしくお願い致します♪ mariyurinopapa
第17回HMF開催チラシ_image

 もう新鮮な話題ではないでしょうけど、メジャーリーガー大谷翔平選手の次のチームがロサンゼルス・ドジャースに決まりましたね。その契約金が、なんとプロスポーツ史上最高額の10年総額7億ドル(約1015億円)というビックリ金額でありますが、更にビックリなのが後払い契約とのこと。大谷選手にはホームランを打ったとか投げるボールが凄いとかだけではなく色んなことでビックリというか人間としてのスケールが違いますよね。とにかくもうこれ以上は怪我無く野球道を進んで欲しいですね。
 
 ちなみに昨日の北海道新聞の第1面に掲載された見出し「大谷 ドジャース」「10年1015億円 運動界最高」と。たしかに運動界でも間違いないのでしょうけど、ワタクシ的には「うんどうかい」と言いますとやはり「運動会」を思い出すんですよね。なんか今一つピンと来ないと言いますか「スポーツ界」ではダメだったのでしょうかね? 

 さて、今日は、まなみーる大ホールにて18:00より開演、「令和5年度 北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツ文化学科 音楽文化専攻 定期演奏会 」を聴きに行って来ました。去年・今年と私どもの「ザ・クラシックコンサート岩見沢」に出演してくださいましたマリンバ奏者の方(高校生の時に音大受験に向けて当教室にソルフェージュのレッスンに通われた縁があります)がオーケストラと共演されるので陰ながら応援(素敵な演奏でした!)、それとサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」(本日は第1楽章)、この曲は麻里江先生が音大生時代に試験のため第1楽章・第3楽章を2台ピアノでやっていたということもあり、ワタクシも何度も聴いたことがあります。ミュージックページでも何度かアップしてますね。そしてボロディンの「ダッタン人の踊り」(管弦楽)、この曲は結構好きで時折(例えばお風呂掃除しながらとか、笑)、鼻歌的にメロディーを何気なく口ずさんだりしてます(*^^*)ァハ
 
 演奏会は、弦楽アンサンブルから始まり混声合唱、吹奏楽と、大人数での演奏に圧倒、今年もまた素晴らしい演奏会だったと思います。
今日に続きまして、明日は札幌コンサートホールKitara大ホールで開催、定演のご成功をお祈り申し上げます。 mariyurinopapa
event_20231213_hkdi_teien
IMG_2270
IMG_2275
IMG_2274

 今月はワタクシの誕生月なので先月下旬、自動車の「運転免許証更新連絡書」が届きました。まぁ~5年に一度の手続きですが、免許証取得以降は毎回同じ手続きで先ずは免許証の写真取りして、岩見沢警察署に行って書類に記入したり更新手数料を支払ったり視力検査したり、更新時講習に行く日程を決め、後日、まなみーる文化センター音楽室にて30分ほどの講習を受けて・・・と思ってましたら、今はオンラインで更新時ができるようになってるんですね、全然知らなかった。真由美先生は更新時講習をiPhone使ってオンラインでやったそうでちゃんとわかってました。それで今日、ワタクシもオンラインでやってみました(その際は免許番号とマイナンバーカードが必要)。時間的には多分50分くらいかかったかな。その間、3回、自分の顔写真を撮って送信することがありました。ちゃんと本人が受講してるかの証拠写真ですかね?(*^^*)ァハ。時間にするとちょっと長いように思いましたが、でも、自分の都合の良い時に1人で出来るというのは良いですね。
 
 ちなみにオンラインでの講習を終えて、友だちの写真店に行って免許証の写真を撮ってもらったのですが、その時にオンライン更新時講習のことを話したら、こちらも知らなかったようで「えぇ~!そうなの!全然知らなかったぁ~!」とビックリしてしました(笑)。教室発表会のDVDビデオ作成を終えてひと段落したところですので、免許証のことも全部済ませようと、それから岩見沢警察署に行って手続きしてきました。視力検査は眼鏡をかけた状態で、パソコン仕事などで目の負担が心配でしたが全然問題なく良かった。隣の窓口で申請手数料の支払い、そして安全協会のことも言われましたので「あっ、ハイ、入りますよ」と言いましたら窓口の方、「入っていただけるんですか?ありがとうございます!」と明るく嬉しそうな表情をされてました。昔々の若い頃は、必要ないと思ってお断りしていたのですが、いつからだろう?何となく断りづらいのもあって、1,500円の支払いで会員証を貰って、まぁ~それはお守りみたいな感じに思うようにしてます♪
 
 さて、話し変わって・・・毎年頂いております仕事となりますが、倶知安町の青山先生の教室発表会が明後日の12月9日(土)に倶知安町文化福祉センター大ホールで開催、今年もプログラムデザインを作成させて頂きました。2014年の発表会以降、毎回、ワタクシがプログラムデザインを作成させていただいておりますが、今年は生徒さんがピティナでソロ1名・連弾1組が全国大会に進出されましたので「輝き」をテーマにして作ってみました。ちなみにどんな形でも必ず猫さんを入れてほしいとのリクエストがございまして、最初の時は一匹だけでしたが、その後、少しずつ増やして現在は8匹。あと何年、発表会プログラムの作成をさせて頂けるかはわかりせんが、いつの日か猫さんたちの楽団がフルオーケストラまで行かないにしても小編成のオーケストラくらいにして描けたらいいなぁ~と思ったりしちゃったりして。(*^O^*)
 
 と言うことで、明後日12月9日、青山先生の教室発表会のご成功をお祈り申し上げます♪ mariyurinopapa

20231209_aoyamakyousitsu




↑このページのトップヘ