管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

 昨日・今日とドカ雪降らずに少し天候が落ち着いた岩見沢でした。昨日は日曜日でしたが、真由美先生と麻里江先生はレッスンが入っていたようです。ワタクシは用事があり朝早起きして高速道路で札幌へ。路面凍結のため、80km規制。道路からだと少しわかりづらいですが(あまり周りを見渡すわけにもいきませんし)、江別辺りでは間違いなく岩見沢とは色が違いますよね・・・白くない。ちゃんと地面やアスファルトが見える。

 さて昨日は、札幌・六花亭ビルの「ふきのとうホール」で、二つのイベントが開催されました。前半(午前?)は「ブルグミュラーコンクール2017」札幌大会ファイナル、後半(午後?)は「第8回コンクールシューレ」ファイナル。

 ブルグミュラーコンクールは、北海道では去年から札幌と苫小牧で開催(ファイナルなし)・・・まぁ~こちらのほうでもね、ちらほらそんな話があったのか?なかったのか?^-^;アハハ...。今年は2年目、札幌で初ファイナル開催となりました。去年・今年とブルコンには当教室からの参加者はおりませんでしたので、正直言って情報は殆どありません。でも、参加された皆さんにとっては、良い勉強・経験になり、(結果にもよるかもしれませんが)きっと有意義な日となったことでしょう。

 第8回目となりますコンクールシューレには、当教室から5年振りに生徒さん1名、Sちゃん(真由美先生と宮澤功行先生に師事)が参加しました。ピアノ上級②部門、ファイナル出場者は3人。でもSちゃんも含めてコンクールでよく聞くお名前の方々。大変高いレベルの中、Sちゃんもショパンの幻想曲を見事に演奏・・・結果、最優秀賞・部門優秀賞と特別賞の北海道知事賞・北海道新聞社賞を受賞しました。誠におめでとうございます!高校3年生という事で、”高校生としては”最後のコンクール出場となりますが、嬉しい結果になって本当に良かったですね。これから目指す進路を真っ直ぐ見つめて、頑張って欲しいと思います♪ mariyurinopapa
20171203_schule


 ここの所、岩見沢は「ドカ雪の街」の本領発揮です。その前までは、どちらかと言うと、札幌や中空知で降っても岩見沢はそうでも無く・・・でも、状況は一変、むしろその逆。昨日の朝、5時頃起きて5時半頃に雪積もる真っ白な岩見沢をから千歳に向かいました。栗沢辺りから雪が少なく、長沼には雪がなく、そして千歳もやはり雪がなく。車で片道1時間圏内、こんなに違うんか?!という感じでした。昨日は、千歳から帰ってきて除雪やって。それでも、除雪業者さんと契約しているので、以前、ワタクシ一人の力で除雪してた頃から比べるともの凄く楽になりました・・・楽になったお陰で、冬になると体重が増えるようになったりして(苦笑)。

 さて、真由美先生ですが、昨日・今日と横浜に行って来ました。横浜みなとみらいホールで開催の「第71回全日本学生音楽コンクール」の全国大会が開催、今年は、北海道大会の審査員をやっていたという関係もありましたので、教室生徒さんが出場していたわけではありませんが(残念ながら)、北海道代表を応援がてら全国のレベルを聴きに行って来ました。

 というコトで真由美先生のレポです♪

****************************************

 私は、金曜・土曜のレッスンを振り替えさせてもらい、昨日の朝の飛行機で横浜みなとみらいホールで開催されました、第71回全日本学生音楽コンクールピアノ部門全国大会を聴きにきました。この全国大会を聴くのは4年ぶりです。

 このコンクールは歴史も古く日本の学生のコンクールの中では課題曲の難易度も高くとてもレベルの高いコンクールです。各地区の上位入賞者が集まる全国大会、演奏する曲は予選本選で弾いていない自由曲なので、皆さん自信の一曲を弾いてきますので、とても楽しみにしていました。皆さん、個性豊かで本当にしっかりと練り込んだ演奏を聴かせてくれました。

 昨日の高校の部、難易度の高い曲を音楽性も兼ね備え、とても完成度の高い演奏が多く、複数の入賞者も出ました。今年3月に岩見沢まなみーる大ホールで行いました「輝く子どもたちによるピアノコンサート2017」にゲスト出演してくださいました札幌の三田君もとても素敵な演奏で3位に入賞しました!おめでとうございます!!

 2日目の今日は小学校と中学校の部でした。こちらも本当にレベルの高い演奏、小学校の部では北海道の小野寺君が1位になりました。おめでとうございます!中学校の部はプロ顔負けの難曲を余裕たっぷりに弾かれる方が多く、驚きの連続でした。こちらは残念ながら北海道の方の入賞はありませんでしたが、北海道の演奏者はとても音楽的、表現力も豊か、魅力的な演奏を聴かせてくれて感動しました。

 今日は午前11時から午後6時過ぎまで聴き少し疲れましたが、たくさんの演奏から感動をもらいました。会場でお会いした北海道の先生と「また地道に頑張ろう!!」と、言って別れました。

 これから最終便で北海道に戻ります。ドカ雪の街・岩見沢には深夜に着きます。写真はコンクールが行われた横浜みなとみらいの夜景です!

****************************************

・・・とのことです。全国から集まった学生さんたちの新鮮で素晴らしい演奏を聴けて、とても良かったことかと思います。

 学コンは、学生向けコンクールの中でも課題曲の難易度が高く、予選通過さえも緩くなく、勿論、全国大会となりますとなかなか手が届く切符ではありません。でも、その分、ピアノ学習者にとってチャレンジするに値するコンクールかと思います。このコンク―ルの全国大会、いつかまた木村真由美ピアノ教室からも行けたらいいですね♪ mariyurinopapa
20171202_IMG_4669
20171202_IMG_4688
20171202_IMG_4700

 11月の晦日、岩見沢は雪降る街でした。お昼ちょっと前に除雪、でもその後も降ったりしてたみたい。ずっと籠ってパソコン仕事してるので、その後の外の様子が今一分かってない。したっけ、夜、一旦仕事をひと段落させて2階の窓から外を見てみたら・・・なまら積もってるしぃ~~~!ビックリ!車の上にももっさり積もってるしぃ~。21時近くから除雪しましたよぉ~。生徒さん二人来るので、取り敢えず一台分の駐車スペースを確保、それと車庫前とカーポート前をやって、後は駐車場の空きスペースに山積み・・・明日の朝、多分、除雪業者さんが入ってくるはず。

 さて・・・12月は、倶知安町の青山佳奈美先生のお教室の発表会が9日に開催されます。今年で第29回目とのこと。今年もプログラム作製のご依頼を頂きまして、作らさせて頂きました。青山先生の教室発表会のプログラムをワタクシが作らさせて頂くようになりまして今回で4回目となります。表紙デザイン、上手く出来ているかどうか心配ですが、青山先生は気に入ってくださったようで先ずは一安心・・・生徒の皆さんにも気に入って頂けてると良いのですが(*^^*)

 表紙デザインは、木村教室の発表会プログラムと同様、既成の素材・画像は一切使ってなく(ネコさんたちは、昨年作ったのをまた使用)、自分でパソコン使ってイラストを描いてみました。今回は、ケーキが一番心配でした・・・ちゃんとイチゴの乗ったケーキに見えてますかね?(笑) グレーのネコさんが弾いているピアノの側面には、何となくBösendorferの字体っぽい感じで青山先生宅のネコさんの名前を入れて見ました♪

 ちなみにネコさんたちトリオが演奏しているのは、ニャンデルスゾーン作曲「ピアノ三重奏曲 第1番 ニ短調 作品49」です。ニャンデルスゾーンは皆さんも知っている大作曲家ですよね~♪・・・えっ?!知らないですか?あらら、おかしいなぁ~(-_-;) とっても有名な歴史上の大作曲家なんですけどね。それじゃ~ね、J.S.ニャッハやニャートーベン、ニャイコフスキー、ニャフマニノフなどはご存じありますよね?・・・あらら、こちらも知らないですか?おかしいなぁ~(-_-;) 今度、テストに出るかもしれませんよ!・・・って、ホントかいな?!/(;_-_)\

 うん、とりあえず、\(・_\)ワタクシのワケのわからん妄想は (/_・)/あっちに置いておきまひょ。

 青山先生のお教室からは毎年、ピティナ・ピアノコンペティションや毎日こどもピアノコンクール、ほっかいどうミュージックフェスティバルなど各種ピアノコンクールで多くの入賞者が出ております。お近くでお住まいの方でお時間がございましたら、是非、発表会に足を運んでみてくださいませ♪ mariyurinopapa
20171130_11091130_1109aoyamaschool_concert

 11月も明日で終わり、2017年もいよいよ最終月の12月になりますね。ここ最近は、テレビをつけると大相撲横綱の暴力事件のことばかり、そして今日は北朝鮮が弾道ミサイルを発射のニュースもあり・・・楽しくない話題ばかりで(-_-;) これから今年最後のひと月、クリスマスシーズンに相応しい楽しい話題が溢れると良いですね♪

 さて、11/3に開催しました当教室発表会のDVDビデオ(ワタクシが撮影・編集・作成のもの)、ご希望頂いた分、既に月曜日からレッスン時に先生方からお渡し頂いておりますが、今日でやっと全部出来上がりました。当初、第1部と第2部はDVD盤2枚で第3部だけ3枚になるかな?という感じだったのですが・・・結局、1・2部もギリギリ2枚に入りきらずに3枚になってしまいました。ただ映像ファイルをDVDにするだけなら時間的には2枚で入るのですが、そこにチャプター付けて、字幕(演奏者名と曲名)入れたりしますと容量が足りなくなってしまい・・・。

 今回のDVDビデオのBGMですが、各部で曲目は変えずにDISC-1,2,3で曲目を変えてみました。またチャプターメニューはDISC-1は3ページ、DISC-2は2ページ、DISC-3は1ページとなっているのですが、そのBGMもページで変えてみました。作成ソフトの機能で全て30秒で繰り返しとなります。

 ちなみにトップメニューの曲目は、ピアノ曲ではなく、あえてヴァイオリン協奏曲を選びました・・・
 ≪DISC-1≫ モーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲」
 ≪DISC-2≫ メンデルスゾーンの「ヴァイオリン協奏曲」
 ≪DISC-3≫ チャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲」(ソロの箇所を抜粋)

 チャプターメニューの曲目は、シューマンの「子供の情景」から・・・
 ≪1ページ目≫ 見知らぬ国より
 ≪2ページ目≫ 鬼ごっこ
 ≪3ページ目≫ 幸せいっぱい

 ・・・という選曲です。

 以前にもお話ししたことがありますが、ビデオのBGMも業者さんが作る場合はクラシック曲ではなく結構ポップな感じの曲が多いと思いますが、ワタクシの作ります教室発表会のは小さなお子さんでも自然と名曲が耳に入るように(ある意味「お耳の貯金」ですね)、と思って作っているので、時折、ビデオのBGMにしては渋いと言いますか?悲し気と言いますか?切ない感じと言いますか?そんな曲になっている場合もあります。

 これまでの発表会DVDビデオでは、2部構成で各部3枚にDVDが分かれたことがありましたが、3部構成で全て3枚になったのは初めてかと。作成したDVDは全部で276枚・・・これまでで最多の枚数かな?というワケで時間が掛かってしまいましたf(^_^)ぽりぽり mariyurinopapa
20171129_dvd_video

 昨日は、当教室OGで「ザ・クラシックコンサート岩見沢」(今年は都合で参加できず)でお馴染みのフルーティスト・井畑志保さんとお仲間4人によるEnsemble BOULEAU(アンサンブル ブーロー)のコンサートが札幌で開催されました。ワタクシも聴きに行きたかったのですが、残念ながら時間が取れず(T.T)。真由美先生と麻里江先生、二人が聴きに行って来ましたので、今日は「管理人のひとり言」ではなく「真由美先生のひとり言」でございます(o^_^o)

****************************************

 昨日は、札幌ルーテルホールにて開催されました、Ensemble BOULEAU  The 1st Concert  〜北海道ゆかりのメンバーによる木管五重奏〜の演奏会にご招待頂きましたので、麻里江先生と二人で行ってきました。岩見沢からJRで行きましたが、岩見沢は雪が降ってなかったのに、札幌に着いたときには雪が凄く、道路もツルツル…転ばないように歩くのに必死でした。笑

 さて、このアンサンブルのフルートは私の教室でピアノを勉強していた井畑志保ちゃんが担当していて、私としては昨年夏の「ザ・クラシックコンサート岩見沢2016」以来の志保ちゃんの演奏でしたので、とても楽しみにしていました。

 木管五重奏アンサンブルはあまり聴くことがありませんが、優しく温かい音色で、軽やかな曲がとても心地よく良い響きでした。普段ピアノでは味わえないそれぞれの楽器の音色の違いや掛け合いなどとても楽しむ事が出来ました。ピアノでも、色々な楽器の音色を想像して演奏すると良いなぁと感じる演奏会でした。

 志保ちゃんは大学院卒業後も東京で演奏する機会もあり、指導のお仕事もしながら頑張っているようです。

 土曜の夜、ゆったりと演奏会を楽しみ、帰りは大通に寄り、ホワイトイルミネーションを見て、閉店間際のミュンヘン・クリスマス市でホットワイン飲んできました。楽しい週末を満喫できました!

****************************************

・・・とのことです。クラシックコンサートにホワイトイルミネーションにミュンヘン・クリスマス市、素敵ですね~、いいですねぇ~。ワタクシも行きたかったなぁ~(;ヘ;) mariyurinopapa
IMG_4612
IMG_4615
IMG_4616
IMG_4619

 昨日もまた結構積もりましたね~。今朝の道新朝刊と毎日新聞によりますと、昨日19日の道内は「日本海側中心に大雪」、そして「札幌・積雪17㌢」「留萌・積雪55㌢」「道内91地点で真冬日」とのこと。また、今日の道新夕刊では「凍える道内」と大きな見出し、そして今日20日は「132地点で今季最低」「占冠で氷点下17.3度、札幌1月上旬並みに」とのことです。冬将軍様がいらっしゃいましたか~?!

 昨日はお昼ごろに除雪したのですが、風も強く吹雪状態(汗)。降っても解けない雪、もう根雪ですよね?今朝は、昨日の除雪後に積もった雪を片付けようとやっていたら途中でママさんダンプが壊れました。真由美先生がホームセンターに行って新しいのを購入、今度のは前のより丈夫そうで良い感じ。契約してる除雪業者さんは12月からなので、今月降る雪は人力でやっつけなければいけないんだけど、大雪降られちゃうと今は仕事量的にちょっとしんどいなぁ~。

 さて、我が家の次女YurikaのBlog「yurika piano diary」http://blog.livedoor.jp/yurikaklavier/が、9月19日以来、久しぶり更新されました。お時間ございましたら、どうぞ読んでみておくんなさい♪ mariyurinopapa

 昨夜、何気に窓から外を見てみましたら「まっしろ」。いつのまに積もったのか?ビックリ!笑。降って溶ける雪ではなく、降って積もる雪。そんでもって、今朝は今シーズン初めての雪かきをやりました。除雪としては大した量ではなかったですが、少し湿り気があったので重かったし、何せ、当然ながら春夏秋と普段やらないことなので、ちょっと腰に負担が・・・って如何に普段が運動不足かってこってすな^-^;アハハ...

 先日の日曜日、真由美先生の携帯がiPhone Ⅹに変わりました。これまではiPhone 6plusだったのですが、何気に買い替えを検討。最初、新発売のiPhone 8を考えてたみたいですが、でも直ぐに方向性はiPhone Ⅹに。いつものように岩見沢のお店で相談していたのですが・・・結局、札幌の駅周辺の大型家電店で予約。まぁ~\(・_\)その辺の細かい話しは (/_・)/こっちに置いておいて。

 ここの所、ワタクシ、忙しいこともあり、またHitorigotoに書くような話題も特に無いので、此間の月曜日の夜、真由美先生にHitorigotoを書いて貰ったのですが・・・うん、前述の通りにワタクシ忙しくてバタバタしておりましたので、すっかり放置状態になってしまいました。という事で、特に意味は無いのですが、今日は先日の月曜日に書いた真由美先生のHitorigotoです♪
 
****************************************

 昨日(先日の日曜日)、私の予約していた携帯が入荷したとのことで機種変更をしに行く予定でした。なので、前日夜からパソコンに今の携帯のバックアップを取るために色々やっておりましたが、何度も予期しないエラーと表示されバックアップ出来ず…。朝もチャレンジしましたがやはり途中で何度もエラー、ついには携帯が固まり、出てきた表示はリカバリーしてくださいの表示。リカバリーって…携帯に入ってる全てが無くなるって事???((((;゚Д゚))))))) 携帯は工場出荷の状態になります…みたいな表示に変わり、ついには全く使えない状態になってしまいました。

 そこからは、猛ダッシュで身支度して、札幌のアップル修理のお店に出かけました。ちょうど機種変更する日だったとは言え、バックアップを取る前でしたので、これでリカバリーされてしまっては…と青くなりましたが、結果アップル修理のお店で携帯は元に復元してもらうことができホッとしました。

 原因はわかりませんが、携帯とパソコンとの相性だったりで、ソフトウェアのアップデートが全く上手く行かずになったようでした。

 その後新しい携帯も手に入れ、家に帰り再度パソコンに古い携帯のバックアップを開始、一日かかりましたが無事に新携帯に前の携帯の情報を取り込むことができ、使えるようになりました。本当ならショパンコンクール地区大会も終わり、ゆったりできるはずの休日の予定でしたが、とても慌ただしく、かなり焦った休日でした。

 新しい携帯…うふふo(^o^)o 嬉しいです!まだ使いこなせてないですが…☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

****************************************

・・・とのことです。新しいiPhone、いいですね~。ワタクシのは昨年秋にiPhone 7plusにしたので、当面、買い替え予定はないですが・・・そうそう、その時に故障で駄目になったiPhone 6、全く使えない状態でしたが、SoftBankから故障端末買取キャンペーンの案内が来たので、送って買い取ってもらいました。何かよくわかんないですけど、8,100ポイントだか付くみたい。(o^_^o) mariyurinopapa
20171117_iphone10


 作日は、天気が大荒れでした。朝方は、猛烈な風の音、家が吹き飛ばれるのではないかと心配になったくらいです。それと強烈な爆撃のような雷、恐かったですね~!

 さて、昨日は、第19回ショパン国際ピアノコンクール in ASIAの「札幌地区大会」が札幌・六花亭ビル内の「ふきのとうホール」で開催されました。ワタクシは、仕事の都合で聴きに行けませんでしたので、聴きに行ってきました麻里江先生にレポを書いて貰いました。

****************************************

 昨日、札幌・ふきのとうホールにて第19回ショパン国際ピアノコンクール in ASIAの札幌地区大会が開催されました。教室からも生徒さんが出場していたため、わたしも朝から応援に行ってきました!

 このコンクールは課題曲が難しく、高い完成度も要求されますが、出場している皆さん、とても良い演奏をしていて、レベルの高さを実感しました。教室の生徒さんたちも、日頃の練習の成果を発揮できた演奏だったと思います。嬉しいことに、教室から出場した生徒さんは全員入賞できました!しかし残念ながら、全国大会に進めなかった生徒さんもいます。入賞したものの、結果として悔しい思いが残ってしまいましたが、反省点を振り返って、次のステージへのエネルギーとしてほしいと思います。

 札幌地区大会の他2地区大会を含め、ショパンコンクールin ASIAの全国大会には、教室から7名が出場します!1月の全国大会に向けて、ステージで良い演奏ができるように、また頑張ってほしいと思います!!

****************************************

・・・とのことです。昨日の札幌地区大会は参加した生徒さん7人が全員入賞、その中、金銀銅受賞の5人が次の全国大会に進むことが出来ました。日程などの都合で先に他地区で参加した2人の生徒さんと合わせて全国大会進出を決めた皆さん、誠におめでとうございます!これから北海道は益々寒くなりますので、風邪などひかぬように体調管理を確りとして、正月明けの全国大会はベストコンディションで挑めるように頑張ってくださいネ。 mariyurinopapa
Chopin_Asia_1st_stage

 今日は、何だか静かな一日でした。今月は水曜日が5週あるとのことで、三講師ともレッスンお休み。麻里江先生は、昨晩、大学時代の友人のコンサートを聴きに札幌へ、そしてそのまま叔母の家に一泊。真由美先生は、今日、昼過ぎの猛烈な土砂降りの後、レッスン聴講のため札幌へ・・・という事で、真由美先生の手短なレッスン見学レポートです♪

****************************************

 今日は、ヤマハミュージックリテイリング札幌店の会場にて、イェジ・ロマニウク教授(ショパン音楽大学教授)の個人レッスン会(非公開)があり、生徒のNちゃんが受講しましたので、聴講に行ってきました。

 ロマニウク先生は、腕、手首を脱力して肩の力を指に乗せて弾く奏法で、無理なく身体を使って美しく自然な音楽を奏でるかというレッスンをして下さいました。ピアノを弾く時に気持ちが入ってしまうと力んでしまいがちで、なかなか脱力して弾くのは難しいのですが、何度も繰り返し教えてくださいました。

 ショパン音楽大学の教授である先生にレッスンを受けられることは滅多にないので、受講した生徒さんはとても良い経験ができましたし、聴講した私もとても良いお勉強になりました。

****************************************

 とのことです、お疲れ様でした。 mariyurinopapa
20171108_イェジ・ロマニウク_1

 昨日は、ここ数年恒例となりました岩見沢市民吹奏楽団「第22回定期演奏会」(会場/まなみーる岩見沢市民会館大ホール、開演/18:00)を家族三人で聴きに行って来ました。教室生徒さんのお父様・お母様の中に楽団員さんがいらっしゃいまして、2009年の第14回定期演奏会の時に初めて御招待頂きましてからワタクシは毎年聴かせて頂いております。今日、以前のプログラムを見てみたら、定演を聴かせて頂くようになり、かれこれもう9年目になるんですね~!第14回からのプログラムは全部ファイルに入れてちゃんと取ってあるんですよね♪

【第22回定演プログラム】

≪1st Stage≫
◎美中の美 (J.P.スーザ)
◎オセロ (A.リード)
◎スケルツァンド (江原 大介)
◎サン・アントニオ・ダンス (F.ティケリ)

≪2nd Stage≫
◎ディスコ・キッド (東海林 修)
◎天国の島 (佐藤 博昭)
◎昭和アイドル・コレクション (郷間 幹男・編)
◎長谷和明の音楽畑
◎雨の慕情 (浜 圭介・作、山下 国俊・編)
◎美女と野獣セレクション (A.メンケン・作、L.ラヴェンダー・編)
◎アメリカン・グラフィティⅩⅥ~クインシー・マジック~ (岩井 直博)

 最初の1曲目、「美中の美」っていい曲ですね!「何か素敵なことがはじまろうする予感」という感じがして、聴いていて楽しくなりました。1st Stageは、その後、オセロという曲からコンクールで取り組んだ2曲へと続いて行きました。この辺りは、じっくりと吹奏楽の醍醐味を聴かせてくれる感じのステージでした。2nd Stageは、例年通り、団員さんたちも軽装にチェンジ、「聴かせる」というより「楽しませる」という感じのステージ。ちなみに「美女と野獣」は勿論ワタクシも大好きな映画なのですが、初めて岩吹さんの定演を聴きにいった9年前、第14回のプログラムを見てみたらこの時も(セレクションではありませんが)「美女と野獣」を演奏してました!ちなみにpart2、9年前のトリの曲は「ティコ・ティコ」、この曲もワタクシが大好きな曲です。実はこの年は、真由美先生が東京に行く用事が入って、ワタクシ一人で聴きにいったんですよねぇ~。

 今年のトリの曲「アメリカン・グラフィティⅩⅥ~クインシー・マジック~」、タイトルだけ見たら最初ピンと来なかったですが、演奏が始まって・・・昔やってた「テレビ三面記事」でよく聴いたフレーズが聴こえ「おっ!」と思い、そして気が付くと頭や足でリズムをとってた「Ai no Corrida(愛のコリーダ)」、とっても楽しく聴かせて頂きました!最後の最後は毎年恒例、お馴染みの「エルクンバンチェロ」、年々テンポが早くなってきて今年は超スピード、思わず昔流行った交通標語「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」という文字がワタクシの頭の中で横断する!(笑)

 という事で、岩見沢市民吹奏楽団定期演奏会、今年も大変楽しませて頂きました!どうもありがとうございました(o^_^o) mariyurinopapa

↑このページのトップヘ