管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

 岩見沢市内の小学校も夏休みに入ったようですね。早速、朝のラジオ体操を行っている地区もあるようです。子どもたちにとって、夏休みはやりたいことをやれる時間がいっぱいあって、いいですね♪

 家の次女のYAMAHAピアニスト・ラウンジ、「木村友梨香の留学日記 ~ドイツからGuten Tag!!」が更新、いよいよ最終回(第22回)となりました。これまでお読みくださいました皆さま、どうもありがとうございました!彼女のドイツ留学生活は、まだ続きますので、これからも応援頂けますと幸いです。m(_ _)m

 さて、7月22日の道東地区から開幕しましたピティナ・ピアノコンペティション、いよいよ明日から三日間、北日本1地区本選大会が開催、そしてその後は引き続き三日間、北日本2地区本選大会が開催されます。札幌サンプラザホールにてピティナ本選六連戦となります!

 この六日間、当教室からも多くの生徒さんたちが参加します・・・毎日、出番があります。出場する生徒さん、先ずは結果など気にせず、自分のベストの演奏が出来るように気持ちを集中させてください。ステージでは自分一人(連弾では一緒に頑張ってきた相方と二人)ですが、先生とのレッスンを思い出し、自分の努力を信じて、のびのびとホールいっぱいに自分の音楽を奏でてください♪みんな、ガンバレー!(^/◯\^)

 ということで・・・北日本1地区本選・2地区本選が終了するまで、ワタクシは、静かに見守っていたい思います。 mariyurinopapa

 ここの所、ザ・クラシックコンサート岩見沢のプログラム(パンフレット)のデザイン作成に取りかかってます・・・ワタクシの仕事部屋は、エアコン(クーラー)が無く、位置の関係で窓から風も入らず(汗)。パソコンを使っているとその熱で更に暑くなるので、冷風扇を使ってますが(以前は扇風機でしたが、横に置いた資料が風に飛ばされるので)、あまりその効果はなく暑さに「ぼぉ~」としながら頑張ってます。プログラムは、一昨年から8ページの冊子になりましたが、今年は更に豪華?になって全部で12ページとなります・・・ページが増えると当然お金が高くなりますが、クラシック岩見沢のプログラムは、こだわり持って作ってますので♪

 さて、昨日の管理人のひとり言「明日・明後日・・・毎コン予選第三週、そしてピティナ道東本選!」とのことでしたが、実際は、出場する教室生徒さんに関しては今日が出番でしたので、本日で教室の毎コン予選とピティナ道東本選は終わり・・・3人の生徒さんの結果が出ました。

 先ず、毎日こどもピアノコンクールですが、室蘭地区予選・幼児の部に生徒1名が参加、特別賞受賞で嬉しい本選初進出となりました。そして札幌地区予選・高校の部では生徒1名(乃菜先生と真由美先生のダブルレッスン)が銀賞受賞で本選進出を決めました。こちらの生徒さんは、毎コンでもピティナでも実績があるので、真由美先生もとにかく予選通過して「ホッ」としたみたいです。お二人とも誠におめでとうございます♪これで先週の岩見沢地区予選からの10名、そして今日の2名と、教室(真由美先生・乃菜先生・麻里江先生の三人の生徒さん合わせて)から12名の生徒が本選のステージで演奏できることになりました。

 そして釧路で開催されましたピティナ・ピアノコンペティション北日本道東地区本選大会の初日、F級で生徒1名が出場しました・・・結果、嬉しい第一位で全国決勝大会進出を決めました!こちらの生徒さんは、これまでに連弾初級A・初級B、ソロ部門ではA1級・B級・C級・D級・E級で全国決勝大会に出場しておりますので、それに続いて7回目の出場となります。これまた素晴らしい結果で、本当におめでとうございます♪

 これでひと段落・・・と思いきや、来週の金曜日からはピティナ・ピアノコンペティション北日本1地区本選大会も開幕しますので、先生方も参加する生徒さんたちも気を抜くことができませんね!暑い中、大変でしょうけど、みんな、がんばってネ!p(^-^)q mariyurinopapa
20170722_maicon_hyashi_karaki20170722_ptna_doto_ns

 数日前、夏にしては涼しい感じ(というか、時間帯によっては少し肌寒い感じ)だったのに、また暑くなってきましたね。今年の天気(気温)は、なんか変ですね~。って言うか、年々、気候が(極端に暑くなったり、ゲリラ豪雨が降ったり)おかしな感じになってるような気がしますよね。

 ところで道内各地、今日・明日にかけて大雨の注意報だったり警報が出てるところがあるみたいですが・・・そんな感じなんですが?石狩・空知・後志もそうらしい。岩見沢は今(夜22時半)は降ってませんが、iPhoneで天気予報を見てみましたら、夜中から70%で、その後は100%、雨の予報になってますね。大雨は嫌だな~。

 さて、明日・明後日・・・毎日こどもピアノコンクール地区予選シリーズもいよいよ最終に入りますね!地元の岩見沢予選は先日終了しましたが、他地区から通ってきている生徒さんがおりますので。そして、ピティナ・ピアノコンペティションも北日本道東地区本選大会が釧路で開催されます。

 先日、本選会に向けて練習会(弾きあい会)を行ったのですが・・・真由美先生の話し、非常に厳しい状況のようで、只今、当教室は非常事態宣言が発令中なんです(滝汗)。そんなこんなで毎日、真由美先生は23時頃までレッスン・・・と言っても通常レッスンもそのくらいになることも多いですが(苦笑)。補講の甲斐あって、生徒さんたちの演奏内容が良くなっていると良いのですが・・・。

 という事で、明日・明後日、コンクール出場の生徒さん・・・ステージでは一人ですが、先生とのレッスンを思い出し、自分の努力を信じ、気持ちを鍵盤に集中させてホールいっぱいに自分の音楽を奏でてください!ワタクシも岩見沢から応援ビームを送りますね、ガンバレー!(^/◯\^)  mariyurinopapa
 

 昨日の岩見沢は、なまら暑かったですが「JOIN ALIVE」的には天候に恵まれたと言えたでしょう。しかしながら、今日の岩見沢は、朝方は大丈夫でしたが、途中、昼頃でしたか?雨が降りだし、しかも一時は土砂降り状態。雨はそう長くはなかったですが、野外ライブは一時大変だったことでしょう。雨が止んで、夕方になると風も涼しく?というか、少し肌寒いような感じに。外で薄着だとちょっとブルブルッてな感じになりそう。今、19:20ですが・・・19:30からは、Perfume(パフューム)のステージのようですね♪

 さて、毎日こどもピアノコンクール地区予選のこと・・・昨日は、札幌地区予選に生徒一人が参加しましたが、思った通りの演奏が出来なかったみたいで、残念ながら本選進出ならず、奨励賞でした。でも、岩見沢から引っ越しして初めての札幌地区予選、こちらの予選とは違って大人数、きっと良い経験になったことでしょう。入賞おめでとうございます♪
IMG_4053

 そして今日は、岩見沢地区予選に生徒17人がソロで参加。結果は、金賞2名、銀賞4名、特別賞4名、銅賞2名、奨励賞5名で、金・銀・特別賞の10名が嬉しい本選進出となりました。入賞入選、おめでとうございます♪

 地元の予選が終わって、取り敢えず、ひと段落のような気もしますが・・・でも、教室生徒さんに関しましては、来週出番の子もまだおりますし、本選進出を決めた子たちも今回の結果に気を抜かず、サンプラザホールでより完成度を高めた演奏が出来るように、もう一頑張り、もう二頑張り、練習していきましょうね! mariyurinopapa
IMG_4049
IMG_4055

 今日の北海道新聞・夕刊によりますと・・・「真夏日10連続、20年ぶり」との見出しで「道内は14日も朝から気温が上昇し、正午までにオホーツク管内津別町と十勝管内本別町で35.1度の猛暑日になるなど、85地点で最高気温が30度以上の真夏日となった・・(以下省略)」とのこと。この暑さ、今日でいったんピークは過ぎるらしいですが、今後一週間程度は平年を上回る気温が続く見通しなんですってね。もうやんなっちゃう・・・何度も言うけど暑いの苦手だし、嫌いだし(;▽;)

 さて、岩見沢では明日・明後日の二日間、JOIN ALIVE 2017[ジョインアライブ] がいわみざわ公園で開催されます。今年もたくさんのアーティストが出演、熱く盛り上がるんでしょうねぇ~!車の中、ラジオ(AIR-G' エフエム北海道)を聴いてもジョインアライブの話題ばかり、岩見沢がこんなに注目されるのは他にはありませんね・・・数年前、超ドカ雪で自衛隊が派遣されたことは別として(汗)

 さてさて、そんな暑い中ではございますが・・・毎日こどもピアノコンクール地区予選も先週から開催(旭川、北見、札幌の幼児・小5・小6)されておりますが、岩見沢地区予選もいよいよ明後日開催されます。当教室生徒さんに関しては、居住地の関係で3地区での参加となります。明日・明後日・明々後日の三日間、出場する生徒さんは、暑い中ですので集中力を切らさずに、また水分補給も程よく体調管理には十分に気をつけて、そしてステージでは精一杯の演奏で自分の音楽をホールいっぱいに響かせてください。みんな、ガンバレー!p(^-^)q mariyurinopapa

 毎日暑い日が続きますね~(;^_^Aフキフキ。暑いの弱いし、嫌いだし・・・でも夏だから仕方ないもんね(;;)

 さて、昨日、当HPの「イベント情報」ページにもアップしましたが、「ザ・クラシックコンサート岩見沢2017」のチラシ(フライヤー)なども出来上がりましたので、ご案内させて頂きます!

 過日(6/14)、ここでお話しさせて頂きましたが、開催日は8月27日(日)、会場は岩見沢市民として誇れる施設「まなみーる岩見沢市民会館大ホール」です。そして出演者は、これまでで最多、ソロ16人・アンサンブル1組、伴奏出演の方々も含めますと全部で23人の出演となりました。ちなみにチラシ(フライヤー)は、ピアノ伴奏の方に変更があり、その方の写真が印刷に間に合わなく、一人抜けてます。チラシは何千枚と印刷しましたのでどうにもなりませんが、ポスターは数十枚ですのでその方の所に写真とお名前を貼り対応しました。Websiteのほうは、全くわからない形で作れますので、何の違和感もなく23名(お一人、ソロと伴奏で2つ掲載されてますので、見た目24人となっております)が掲載されてます。

 今回は、ソロ・アンサンブル出演(伴奏を除いて)では、実は何と9人が初出演となりました。初出演の方々、皆さん、「一度は参加してみたいと思ってました!」「憧れのステージでした!」「ザ・クラシックコンサート岩見沢に出演出来て嬉しいです!」と(メールで)言ってくださり、ワタクシも主催者代表としてその言葉に大変嬉しく思っております♪そう言ってくれる出演者の皆さんのためにも、聴きに来てくださるお客様のためにも、ワタクシに出来ることには限りがありますが、少しでも良い舞台、素敵なコンサートにしたいと思っております。

 お馴染みの曲もあれば、演奏を見たことも聴いたことも無い曲もあります。若い演奏家の皆さんが、どんな熱演を繰り広げてくれるか、本当に楽しみです!どうぞ8月27日は、「ザ・クラシックコンサート岩見沢2017」にお越しくださいませ。よろしくお願い致しますm(_ _)m mariyurinopapa
event_20170827_cci_1event_20170827_cci_2

 先ずは、九州での大豪雨のこと。大変な被害となりました。Yahooニュースを見ましたら(今日の17:40掲載のもの)、「孤立依然600人超、死者は11人=救助態勢1万2000人に増強」と朝読んだ新聞での状況よりも被害は拡大しているようです。亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに、被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。

 さて、岩見沢にもとうとう真夏がやってきました(滝汗)。昨日今日と暑かった。今日は、昼過ぎには30℃超え、最高気温は32℃だったようです。暑いの嫌い・・・。元気な子どもたちは、真夏になったら、やれプールだ!やれ海だ!と楽しいこともあるでしょうけど、ワタクシは元気な子どもじゃないので・・・/(;_-_)\

 昨夜(今朝)は、暑いことも少しはありましたが、身体の一部でちょっと痛くなった所がありまして、それが気になって、なかなか眠れなかった・・・というか、結局ほとんど眠ってない(汗)。何となくウトウトとして睡眠モードに入った感じした時(朝4:00頃だったかな?)、一瞬、ピンポ~んて玄関のチャイムが鳴ったような気がして(空耳)、ハッとして目覚めてしまったんですよね。ワタクシ、眠っていたりウトウトの時、時折、チャイムが聞こえたような気がして目が覚めることがあるんですよね。結構、デリケートなタイプで色々と気にしながら寝に入ってるからかもしれないけど。

 それで、今日、ふと何でかな?と思ったら、以前、早朝に「ピンポ~ん、ピンポ~ん」とチャイムの音で本当におこされたことがありまして・・・2012年9月12日、家の地区が前の晩からの大雨で朝方に洪水になりまして(全国的なニュースにもなりました)、それで近所のおじさんが危険を知らせるために起こしてくれたことがあるんですよね。大雨になったり、どこかの地区で洪水になったりしますと、あの日のことが思い出されて・・・。何が一番、困るかと言いますと、グランドピアノ背負って逃げられないじゃないですか!我が家の生活、家族の人生は、ピアノと共にあるので、ピアノのことが特に心配なんですよね。もしかしたら、昨日の夜、テレビのニュースで九州豪雨の被害状況を見たから、ウトウトの時にピンポ~んって聞こえたかな?なんて思ったりもしたり。それとも夏のコンクールシーズン、「演奏途中カット」チャイムのピンポ~んが頭に残って「睡眠途中カット」のピンポ~んになったのかな?・・・って、それはないよね(苦笑)

 ちなみに「演奏途中カット」の合図、いくつか種類がありますよね。北海道の場合は、チャイムを使うことが多いかな?チャイムのピンポ~んって、意外とピアノの音と重なって聞き取りづらい時もあったり(チャイムが鳴っても聞こえなくてずっと弾いていることがあったり)、ワイヤレスの場合、上手く反応しないこともありますよね。真由美先生に聞いた話し、道外では結構、ベルを使う所が多いとのこと。ベルって、音が小さそうですけど、実は金属音って結構響くし、ピアノの音とそんなに重ならないように思います。数年前から道内の何か所かの地区予選でチャイムからベルに変えたところもありますね。そうそうコンクールによっては卓上ベルではなくてミュージックベルを使う所もあるそうです。その場合は、審査員が鳴らすのではなく舞台袖のスタッフが時間を見て鳴らしてらしいです。他、ブザーの所もありますね。ブザーね、「ビー」とか「ブー」とかって音になると思うのですが・・・何となくクイズ番組で答えが外れた時の音にも似ているような気がして(あくまでも個人的な感想です、みんながそう思ってるわけではありませんので、そこんところよろしくです)、ちょっと微妙なような気がする今日この頃・・・。

 話しついでに・・・発表会やコンクール、子どもたちのピアノのイベントの際、お辞儀の場所を印すことがあったりしますが、テープで「×」印にすることも結構ありますよね。別にそれでも全然良いのですが、ワタクシ個人的には「×」は「バツ」「バッテン」と読むので(そこで「エックス」とはあまり言わないと思う、笑)、縁起を担いで、自分に関わるイベントの時はつけないようにしています。だいたいはテープで「T」(ティー)印か、それじゃなかったら「-」(横線一本)印かな?もしコンクールに(小さかったらと仮定して)自分の子どもがコンクールに出たとして、その時にステージ係の方から「バツ印(または罰点印)の所でお辞儀してください」」とかって言われるの、なんかちょっと嫌な感じかなぁ~って(笑)。他の方々はあまりそういうことは気にしないのですが、ワタクシ、結構そういうこと気になるんですよね~。そんなの気にするなんて「ちょっと変な人かも?」って思いますか?(笑)

 さて、昨日は7月6日で「ピアノの日」でした。そして今日7月7日は、本州と北海道の一部では「七夕」ですね。そして今日は、木村真由美ピアノ教室ホームページが開設された日です。2003年の7月6日にワタクシがこっそり作成して、それから真由美先生の了承を得て7月7日にアップロード、Openしました。あれから14年が経過して、15年目に突入となりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします(o^_^o) mariyurinopapa

 昨日の真夜中、23:45分頃、地震がありましたね~!震源地は胆振地方だったようで、岩見沢も短ったですが、結構、揺れましたよね~(汗)。昨日、ワタクシは我が家で一人だったのですが(真由美先生は道外出張、麻里江先生はコンサートの後、そのまま札幌の叔母の家に宿泊)、実はその時、丁度、お風呂から上がったばかりの状態、バスタオルで身体を拭き拭きしてた所でした(苦笑)。身体がまだ少し濡れている状態でも取り敢えずシャツやら着たりしようか?いや、身体をちゃんと拭いてからにしようか?と頭の中で考えてはいるもののビックリして身体は固まっている状態に・・・おっと!恥ずかしいから想像しないでね^-^;アハハ... そしてその後で、晩御飯の用意したんですが(真夜中過ぎにやっと晩御飯、汗)、料理作るにしてもガスとか使うのって、使ってる最中にまた地震が起きたらと思うとちょっと心配になりますよね~!( ゜゜)( 。。)( ゜゜)( 。。)うんうん

 さて、ピティナ予選4週目・・・昨日は札幌3地区、今日は札幌4地区と檜山地区で開催されました。この二日間の教室生徒さんの結果は、5名・組が予選優秀賞・北日本1本選進出、4名が予選優秀賞・北日本2本選進出、3名が地区予選奨励賞、3名が北海道支部奨励賞となりました。入賞入選された皆さん、誠におめでとうございます!

 これで北日本地区予選が全て終了して、一区切り・・・当教室生徒さん、真由美先生・乃菜先生・麻里江先生の生徒さん全部合わせて、25名・組が北日本1地区本選大会に進出、14名・組が北日本2地区本選大会に進出、1名が北日本道東地区本選大会に進出となりました・・・多分、合ってると思います。本選進出となった皆さん、今度は曲も変わりますので、予選の成績のことは一旦あっちに置いておいて、これから本選の曲を確り仕上げてくださいね。そして再来週には毎日こどもピアノコンクール地区予選も開催しますので、そちらに参加する生徒さんは、雨にも夏の暑さにも負けず、頑張っていきましょうね! mariyurinopapa

 雨上がりの夕暮れ、札幌・時計台ホールで「Le vent 〜Vol.3 これが私のお気に入り〜」が開催・・・教室OGでフルーティストの井畑志保さんが出演されるとのことで御招待くださいましたので、(真由美先生はピアノの仕事で道外出張につき)麻里江先生と一緒に聴きに行って来ました。今日の出演者の中にはヴァイオリニストの鈴木京さんもいらっしゃり、「ザ・クラシックコンサート岩見沢」にこれまで出演してくださっている方二人が出演されるので楽しみなコンサートでした。

 北海道出身の若手演奏家10人(フルート・ヴァイオリン・ピアノ・ソプラノ・クラリネット・ファゴット)の方々によるソロ・アンサンブル12曲のプログラムはバラエティーに富み、彩りある素敵な音楽を届けてくれました。志保さん、京さん、お疲れ様でした♪

 さて、北海道のピティナ・ピアノコンペティション地区予選もいよいよ最終・・・今日、参加された生徒さん、お疲れ様でした。明日、参加する生徒さん、暑くなってきましたが気持ちを集中させてベストの演奏をしてください。ガンバレー!p(^-^)q
20170701_le_vent

 またしても雨の土曜日・日曜日となってしまいました。半袖シャツで外は、ちょっと寒い気がします・・・元気な子どもは大丈夫かもしれませんが、ワタクシは元気な子どもじゃないので(-_-;)

 ピティナ北日本1地区・2地区の予選シリーズも折り返し第三週目。一昨日の土曜日が苫小牧地区と道央地区(旭川)、昨日の日曜日は江別地区と千歳・恵庭地区と留萌地区で予選が開催されました。この2日間、教室生徒さんも多く参加しました。結果はそれぞれ・・・嬉しいことばかりが続くと良いのですが、やはりコンクールはそう楽なものではないし、頑張って努力してもなかなかその成果を発揮出来なかったり、結果に結びつかないこともあります。

 この時期、娘たちのことをよく思い出しますが、コンクールに出るたびに「嬉しい」「悔しい」の繰り返しが続きます。嬉しいことばかりが続くと良いのですが・・・でも、悔しい思いをして学ぶことも多くあるのもまた事実。良い結果であっても驕らず(何か成功を約束されるわけではないし)、残念な結果であっても腐らず(これで先の道がなくなるわけじゃないし)、とにかくピアノを上手く弾けるようになるにはどうしたら良いか?どういう練習の仕方が良いか?etc・・・どんな結果になっても次にやること考えることは、そう大きく変わるものでは無かったような気がする。

 ステージで華やかなドレスを着て、素敵な曲を弾けるようになるには・・・ただひたすら家での地道な練習の積み重ねだけ。何の特効薬もなかったな。うん、一つ言えば、娘たちが子どもの頃、宮澤先生や陽子先生の言葉は時折、魔法のようなものになっていたのかもしれない(笑)

 さて、ピティナ予選3週目、この二日間の教室生徒さんたちの結果は・・・9名が予選優秀賞・北日本1本選進出、6名・組が予選優秀賞・北日本2本選進出、4名が地区予選奨励賞、5名が北海道支部奨励賞、2名が検定優秀賞となりました。入賞入選された皆さん、誠におめでとうございます!

 第4週目のコンペ予選に参加する生徒さんたち、先ずは自分の中でベストの演奏が出来るように、残り数日、その準備(練習や体調管理)を確りとね♪ mariyurinopapa

↑このページのトップヘ