管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

 今日は少し暖気だったようで、少し降り積もった雪も少し重たかったです。昨夜、帰宅して、車庫前と玄関前(真由美先生の車をおいてるいところ)除雪業者が来てもいいように少し雪かきして出しておきました。朝方、除雪業者が来てくれたようで良かったですが、それでもブルドーザーが入れないところの除雪やブルドーザーで押し上げた小さな雪山も駐車スペースになるように削ってママさんダンプで裏に運ぶ作業、それだけでも2時間半かかり汗だく。如月も半ば近く、まだ春の足音は聴こえてきてませんが、多分、冬との戦いも後1か月くらいか?いずれにしてのもう少しかな?と。
 
 頻繁にという訳ではありませんが、この頃、耳にするのが「4年ぶり」という言葉。コロナ渦となって色々なことが中止・延期・縮小となりましたが、それがやっと「4年ぶりに全面開催」と言うことですね。
 
 2月4日から開催されました「第74回さっぽろ雪まつり」、昨日11日に閉幕しましたが、(今朝の北海道新聞より)「新型コロナ渦を経て4年ぶりに3会場での全面開催となり、多くの訪日外国人や道外客が訪れた」そうです。冬の祭典、道内各地で開催されているようですが我が街・岩見沢の「第34回 IWAMIZAWAドカ雪まつり」は2月17日・18日に行われるようです、岩見沢市のホームページによりますと「会場では、初日は『豚汁』2日目は『きじ鍋』がそれぞれ無料で振る舞われるほか、巨大滑り台、ジャンボかるた取り、人間ばんば選手権などの各種イベントが開催されますので、是非ご来場ください。」とのことです。『きじ鍋』作り、若い頃にやりました、懐かしい~(*^o^*)
 
 「さっぽろ雪まつり」が閉幕しました昨日、札幌コンサートホールKitara小ホールでは「PTNA PIANO FESTIVAL 2024」が開催されました。当教室からの参加者はおりませんでしたが、きっと参加者の皆さんとご家族にとって、有意義な時間を過ごして頂けたことでしょう。主催の一般社団法人全日本ピアノ指導者協会北海道支部の皆さんと助っ人スタッフの皆さん、大変お疲れ様でした!(*^^*)ァハ mariyurinopapa
IMG_2386
IMG_2384
IMG_2390



 先日、録画しておきましたテレビドラマ「弁当屋さんのおもてなし」(HTB~ドラマの舞台は札幌))を見たのですが、北海道の美味しいご飯を詰め合わせたお弁当(ドラマの中では「北海道の美味しいお米のオールスター」だったかって言ってましたが)が作られたのですが、「本日のお弁当」と書かれたお品書きみたいなものに書かれてかたお米、それが砂川産「ゆめぴりか」、美唄産「おぼろづき」、北斗産「ふっくりんこ」、新篠津産「ななつぼし」、上川産「ほしのゆめ」、北空知産「きらら397」でした。空知のお米が3種、空知ではないけど隣の新篠津村のも入っていたのが、何だか嬉しかった。ドラマの中でも話しに出でましたが昔々は北海道のお米は美味しくないとされていましたが、それが研究・改良・努力あって(過日、モーニングショーでも司会者が言っておりましたが)今や日本の食料事情を支える美味しいお米の産地となっているようですね♪
 
 さて、今日は真由美先生の「ひとり言」です・・・
 
******************************************************************
 
 今日は17時から岩見沢市教育委員会におきまして、ショパン国際ピアノコンクールin ASIA 全国大会出場者による教育長表敬訪問がありました。

 全国大会出場が決まったのは昨年末でしたが、教育長さんの都合もありまして、1月の全国大会、アジア大会が全て終わった今の時期に、ようやく報告を兼ねた訪問となりました。

 岩見沢市内から地区予選を勝ち進み全国大会に出場した9人(私の教室からは6人)が、吉永教育長さんに大会出場を報告いたしました。

 教育長さんからの質問に、生徒さんは緊張した様子で答えていました。教育長さんからは「長い間続けていると辛いこともあるかと思いますが、これからも頑張ってください」とのお言葉をいただきました。

 最後はみんな笑顔で写真を撮り、和やかに終わりました。今まではなかった背景の幕ができていて、その前でパチリ!!
 
******************************************************************

・・・とのことです。

 良い励みになりましたね。あらためまして全国大会出場、おめでとうございました♪ mariyurinopapa
20240208_教育長表敬訪問
 

 一昨日、新型コロナウイルスの予防接種をしてきました。今回で7回目となります。岩見沢市から届きました用紙を見ますと「ダイチロナ筋注」「1価:オミクロン株XBB」「製造番号:VPA002A」「第一三共株式会社」と記載されてました。よくわからないので「ダイチロナ」を検索してみましたら最近承認されました新しい日本製の新型コロナワクチンのようです。パンデミックとなった当時と変わりまして今はワクチン開発の話題もテレビなどでは見てないですし、何だったら「もうワクチン接種はしないわ」という方々も多くなってるのかな?と、そんなように思います。
 
 今回驚いたのは、ワクチンを注射してもらって、体調の様子見が前は20分だったと思いますが、今回は5分だけでした。これまでの接種で注射した個所を下にして寝ると痛みがあるだけで、高熱が出たことないですし、副反応は殆どなかったので、まぁ5分だけでも大丈夫だろうと思いましたが、他のみなさんもやっぱりそうなのかな?
 
 新型コロナウイルス感染者、先日2月2日の北海道新聞によりますと「岩見沢と深川、全道上回る」とのこと。「空知管内の保健所別1医療機関当たりの新型コロナ患者発生数(1/22~1/28)」は、全道が13.73で、岩見沢は15.13、滝川10.33、深川が23.67とのこと。個人的には、これからも感染しないように気を付けて行きたいと思います。
 
 さて、2024年のこと、今年も昨年同様と言いますか。毎年恒例と言いますか、ワタクシどもが主催します演奏会・他の日程が決まってきましたので、お知らせしたいと思います。
 
 先日の「ひとり言」ですでにお話ししましたが木村教室・酒井教室合同の「輝く子どもたちによるピアノコンサート2024」が、3月17日(日)、まなみーる市民会館大ホールで開催、その次からとなります・・・
 
◎みんなで楽しむ小さな音楽会・・・3月31日(日)、まなみーる文化センター音楽室

◎家族で楽しむピアノコンサート vol.12・・・4月28日(日)、まなみーる文化センター中ホール

◎ピティナ&毎コンに向けての公開レッスン会・・・5月19日(日)、まなみーる文化センター音楽室

◎ザ・クラシックコンサート岩見沢2024・・・9月1日(日)、まなみーる市民会館大ホール

◎木村真由美ピアノ教室演奏発表会「第38回ピアノコンサート」・・・11月3日(日)、まなみーる文化センター中ホール

 主催でないものも含めますと他にも色々とありますが、取りあえず、岩見沢でワタクシどもが主催しますイベントになります。ご案内はまだ先になりますが、開催の際には是非足を運んで頂けますと幸いです♪ mariyurinopapa

 早いもので1年の12分の1が終わり、今日から如月となりました。ちなみに和風月名って結構好きなんです。1月2月と、数字で表したほうが分かりやすいのは勿論ですし、特に仕事をするにあたっては尚更。でも、せっかく素敵というか味わい深い和風の名があるのですから時々ここ「管理人のひとり言」で使わせてもらったりしています。和風月名の由来はとりあえず置いておいて、言葉というか響きというか何というか好きな月名は「如月」「弥生」「皐月」「神無月」ですね・・・「で?だから何だって?」って言われると身も蓋もないですがf(^_^)ぽりぽり
 
 プロ野球もキャンプシーズンに入りました、球春ですね。昨年のWBCの感動・感激が忘れられず、大晦日に放送されました『WBC2023 ザ・ファイナル』、録画したのを時々観ています。全部見るとかなり長いので、メキシコ戦とアメリカ戦ばかりですが(^.^;... 小学校高学年から中学生の頃、野球が大大大好きだったことを思い出しました。中学校ではグラウンドがずっと工事中で使えなくそれで最初はバスケットボールをやったのですが、グラウンドの工事が終わり、確か中学2年の時だったのかな?ようやく野球が出来るようになったのですが、その時にはもう下手〇ソになってました。でも、何であんなに大好きだった野球をやらなくなっちゃたのかな?と、テレビでWBCを見たり、エスコンフィールドに試合を観に行くようになって思うようになりましたよね。大きい兄ちゃんがアルバイトしたお金で買ってくれた青いグローブ(当時憧れてた巨人の投手が青いグローブを使ってたので)、木製バットとスパイクシューズは自分でアルバイトしたお金で買って、とっても大事に使ってたんだけど・・・うん、いつの間にかグローブがギターに変わってしまったいうことなのかな?
 
 さて、本日のお題のこと・・・三年に1回のペースで開催してきました木村真由美ピアノ教室・酒井音楽教室合同、ピアノコンクール成績優秀者による特別演奏会「輝くこどもたちによるピアノコンサート2024」を来月17日にまなみーる岩見沢市民会館大ホールで開催致します。もう対象となっております両教室の生徒さんたちには担当の先生からご案内用紙が渡されております。前回は先ず2020年の3月22日だったのですが、皆さんご存知の通りに新型コロナウイルスの感染拡大が世界中で広まり開催を中止せざるを得なくなり、そして一年延期して2021年の3月7日に開催致しました。その頃も新型コロナウイルス感染拡大の影響は大きく、それでも素晴らしい大ホールのステージで演奏出来て、それを客席の皆さんに聴いてもらえると言うことが、元来当たり前のそういうことさえもあの状況下の中では特別なことのように思えた、それはワタクシだけではなかったと思います。
 
 今年も高校を卒業して音大に進学される生徒さんたちが数名おります。今年の特徴の一つかもしれませんが、ピアノ専攻ばかりではなく管楽器専攻・声楽専攻の卒業生もおります。副科としてピアノを習いにきたり、音大進学に向けて聴音・ソルフェージュのレッスンを受講しにきたりと様々。まだどういう部分けになるかは近日中に真由美先生と酒井先生が相談して決めることになります。ワタクシはまた事務局として会場責任、チラシ・ポスター・プログラムの作成、ビデオ撮影といつも通りの仕事で頑張らさせて頂きます。
 
 と言うことで、3月17日(日)、まなみーる大ホールで開催の「輝くこどもたちによるピアノコンサート2024」、どうぞよろしくお願い致します♪  mariyurinopapa
 

 何だかこの時期の岩見沢にしては雪が少なくなりましたね。国道12号線をはじめ主要な道路は結構アスファルトが出てますよね。でも、これで終わる岩見沢の冬ではないと思います。
 
 さて、ほっかいどうミュージックフェスティバルのホームページ、第17回大会の開催記録ページが出来上がり、アップロードされました。あちらの「hmca-blog」でそのことを本日お知らせされてますが、なかなかあちらのホームージまたはBlogをチェックされてない皆さまの為にあちらのblog内容をコピペして、こちらでもお知らせさせて頂きますね♪
 
******************************************************************  
 
「第17回大会、開催記録ページを作成しました。」2024年01月30日

 第17回ほっかいどうミュージックフェスティバルの開催記録ページを作成、本日アップロード致しました。お時間ございましたらHMFホームページよりご覧下さいませ。

 写真は例年同様に小さめですが当日の出演者を全員掲載しております。コンサート部門ジョイフルステージは演奏曲目と出演者からのメッセージ、フレッシュアーチストステージは演奏曲目とコンクール賞歴または出演者からのメッセージ、コンクール部門は演奏曲目と結果内容(受賞内容)を掲載しております。

 掲載の写真に関しましては、記念写真の撮影・制作を委託しました写真会社の方が撮ったものをレタッチ前(商品としてまだ修正・加工されてない状態)の画像ファイルを提供頂きまして、画像ファイルの大きさを調整してトリミング(切り取り)、ページに貼った形となっております。
 
 尚、参加記念写真(ステージ上での演奏写真)は、先日お知らせいたしました通り、例年、およそ1か月くらいかかっております。写真会社より出来上がりましたら発送させていただきますので、もう少しお待ちください。

 トップページの画像はまだ第16回大会の画像となっております。こちらは少し日にちをいただききまして第17回大会のと入れ替えさせて頂く予定でおりますのでどうぞよろしくお願い致します。 

 また、DVDビデオに関しましては2週間以内を目安としておりますので、引き続きご購入のほうをよろしく致します。
 
****************************************************************** 

・・・と言うことで、よかったら第17回大会の開催記録ページをご覧になっておくんなさいましm(._.)m mariyurinopapa 





 今日の北海道新聞、第1面「第10波か、終わりなきコロナ」との見出しで、「道内で新型コロナウイルス感染者が初めて確認されてから28日でまる4年となった。昨年5月に感染症法上の位置づけが2類相当から5類へ引き下げられた後も道内で40万人超が感染したとの推計もあり、終息はなお見通せない。新変異株『JN.1』などによる感染『第10波』に入ったとの見方がある中、季節性インフルエンザB型が広がりやすい2、3月を迎える、医師らはウイルスとの『共存』を前提に、メリハリの利いた対策を呼びかける。」とのこと。
 
 思えば2類相当の時は、イベントを行うにしてもコロナ対策が結構大変で・・・。後援名義の申請をするにしても実際に本番の運営をするにしても先ずはマスク着用と検温(非接触型の体温計を結局4本購入)から始まり、手指消毒のお願い、名簿取得(入場者カード記入)、ビニールカーテンまたはアクリル板の設置、客席は一つずつ空けて座ってもらったり、飛沫防止で客席一列目は使用禁止、花束や差し入れの禁止、発表会の時はステージに全員上がっての集合写真も撮れず何番から何番までと小分けみたいな感じで対応したり、ピアノの場合は(最初の頃)一人演奏する度に交代時に鍵盤や椅子の消毒清掃、休憩に入ったら場内の換気、お客様の入れ替えがあった場合は座席の消毒清掃、当然そういう仕事が増えた分スタッフ(アルバイト)も増やすことになりますし、終わった後の事業終了報告書を提出するにしても書類も増えたり、コロナ対策をしている写真を添付しなければ行けなかったり。逆にそういうことに馴染んできたので、5類になってあれもこれもしなくて良くなって、何だか逆にちょっと不安というか?
 
 今のところ、木村家は誰も感染してはなく・・・真由美先生や麻里江先生、乃菜先生もレッスンであれだけ生徒さんたちと向かい合っても、またピティナやショパコン、学コンなど全国大会で東京や横浜に行ったりしてますが、今のところ感染したことはなく。今後もそうあって欲しいと願うところであります。マスク着用同様というワケでもないでしょうけど、ワクチン接種もだんだんしなくなってきているのかな?ちなみにワタクシは来月入りましたら7回目のワクチン接種をする予定です。昨年末、友人が感染したらしく新年会も中止になったりして、やっぱりしたほうが良いかなと。
 
 さて、話変わって・・・今日は日曜日ですが真由美先生は歌志内教室のレッスンで麻里江先生も祖母に会いに同行。ワタクシ一人でしたので、お昼ご飯、久しぶりに「らい久」本店にラーメンを食べに行ってきました。緑が丘店のほうは数年前に行ってきましたが、本店は本当に久しぶり、多分20年前くらいかな?と。注文は行く前から決めてまして、バター味噌ラーメン。もやし普通盛りですがその量が多く、普通でも特大(900円)。特盛はもういい年なので無理(笑)。懐かしい味、太ると困るのでスープは残そうと思ってたのですが、調子よく食べれたのでついついスープまで飲み干して完食。食べ終えて汗が出てきたので車のなかではコートは勿論セーターも脱いで一時的に半袖シャツ一枚に・・・安心してください、下半身はちゃんと普通にズボンははいてましたから(笑)。
 
 ラーメンを食べに出た時、西高過ぎて信号を左、テニスコートやスポーツセンターの坂のところから遠く見えるのは青い空に白い雪の樺戸山地。相変わらず美しい、大好きな景色。ラーメン食べた後、青空に誘われて、ちょこっと北村のほうまで行ってiPhoneで写真を撮ってきました。ちゃんとカメラを持っていけば良かった。渡り鳥の季節になったら、カメラをもってまた撮りに行こうか♪ mariyurinopapa
20240128_kabato_rennzann
20240128_ramen1
20240128_ramen2
 

 昨日はやっとこさ、車庫の雪下ろしをしました。今シーズンの岩見沢、雪が多いんだか?少ないんだか?よくわかりません。昨年末に屋根の雪下ろしは1回、雪庇を落とすのに2回、屋根にあがっただけで、ご近所さんもなんかあまり屋根の雪下ろしはしてないんじゃないかな?
 
 「ひとり言」をさかのぼっていきますと12月23日の道新の記事のこと、「道内は22日、冬型の気圧配置が強まった影響で、空知管内や石狩管内を中心に強く雪が降った。岩見沢市では同日午後5時までの24時間降雪量が73㌢に達し、1999年の統計開始以降最多を記録。市内では車の立ち往生が多数発生した。JR北海道は特急と普通列車計160本を運休し、約3万4千人に影響が出た。」と書いてたんで、12月のその頃はドカ雪の街・岩見沢の本領発揮という感じがしたんですけどね。まぁ~勿論、ワタクシたちとしては雪は降らないほうが良いんですけどね。でも除雪業者とはシーズン契約なので雪が多くても少なくても料金は同じですので、なんか雪が少ないと除雪代金が損してるような気分になってしまう(笑)。あぁ、でも、排雪料金は別なのでやはり雪がたくさん降って排雪しますとダンプの数が増えて料金が多くかかってしまうのでやはり少ないにこしたことはないですね~。
 
 さて、先日1/21にキタラで行われました「第17回ほっかいどうミュージックフェスティバル」のピアノコンクール部門、金賞受賞者のビデオファイルが本日Youtubeチャンネル「Classical Hokkaido」にアップロード、動画配信がスタートしました。「幼児の部」から「大学生・一般の部」までソロ12名の方々の素晴らしい演奏を観ていただけます。
 
 
 お時間ありましたら、高画質設定でご覧くださいませ♪ mariyurinopapa
20240121_con2_16_YT








 昨日は、札幌コンサートホールKitara小ホールにて「第17回ほっかいどうミュージックフェスティバル」が開催されました。表紙・裏表紙も合わせまして全12ページのプログラムパンフレット、数えてみますとソロ・デュオからグループまで86名・組(人数にして107名)と今回も多くの参加者を集っての大会となりました。
 
 いつもより早く、そしてiPhoneのアラームより早く朝5:50に起床、予報の通りに雪が降ってなくて良かった。朝ご飯を食べて。それから7:20に出発、Kitaraへ。高速道路を走っていましたらラジオからオリビア・ニュートン・ジョンの「Have You Never Been Mellow」が流れる。実はこの曲、iPhoneのアラームの1番の曲に使ってたのですが、前述の通りにアラームより先に起きたのでこの曲を聴くことなく出てきたので、思わず心の中で「おぉ!なんか良い感じ」と。
 
 大会は10:00開場、10:30開演、そして19:00終演と長時間、コンクール部門・幼児の部の年中さんの演奏から始まり、ジョイフルステージでは今年もかわいいコーラスグループの歌声、中学生男子のトリオ、そして最後は音大生の演奏で終了。コンクール部門の審査をして頂きました先生方、そして受付・舞台袖・事務局・ビデオ撮影・写真撮影とスタッフの皆さん、大変お疲れ様でした&ありがとうございました。
 
 今大会もコンクール部門では素敵な演奏が多く繰り広げられた中、当教室生徒さんたちの結果は、金賞1名、銀賞2名、銅賞5名、奨励賞7名となりました。ちょっと苦戦という感じでしょうか?でも、結果に拘らず、審査員の先生方より頂きました講評を参考にこれからのピアノ学習に生かしていただければと思います。
 
 プログラム裏表紙に広告されておりました次回のこと、第18回大会は2025年1月26日(日)Kitara小ホールで開催予定となっておりますので、どうぞよろしくお願い致します♪ mariyurinopapa
image_123650291-2
2024_HMF2
image_123650291





 この頃、些細な事ですが、日が少しですが長くなりましたのが嬉しくて。用事をたしに16時ちょっと過ぎ外に出ましたが、全然暗くないし、空気は凍れていましたが見上げた空はブルースカイ♪先日からの天気で道路も雪が少し融けてアスファルトが見えるところも。印紙を買いにセブンに、その次にリチウム電池を買いにケーズへ。最後に出たついでにコープでちょっと買い物。いずれの駐車場も融けかけた雪が凍れた空気でツルツル路面状態。転ばないように注意しながら歩くとペンギン歩きに。うん、なんか自分でちょっと可笑しいなと心の中で。
 
 買い物を終えて外に出てまた空を見上げますと真っ青な中に白いほぼ半月、それとまだ暗くはないんだけどそのすぐ近くには一番星。青い空に浮かぶ白い月って好き。調べましたら月齢7.6だそうです・・・うん、でも月齢とかってよくわかんないや(笑)。満月、半月、三ケ月、わかりやすく言うとその3種類。満月と三ケ月って物語に出てきたり絵に描かれるけど、半月ってあまり取り扱われないような気がする。満月の夜と言えば子どもの頃とても恐かった狼男の話しだったり、三ケ月と言えば花王を思い出しますし(笑)、でも半月ってそういうのあまりないかな?って。思い出すとしたら吉田拓郎さんの名曲「旅の宿」の歌詞かな。「上弦の月だったっけ、久しぶりだね、月見るなんて」って♪
 
 さて、いよいよ明後日は札幌コンサートホールKitara小ホールにて「第17回ほっかいどうミュージックフェスティバル」が開催されます。参加する皆さん、まさに曲の仕上がりに向けて猛練習をしている頃だと思います・・・たぶん、きっと。
 
 コンクール部門に参加される皆さんには関係のあること、結果発表(トロフィー授与&講評用紙お渡し)の時間帯が「hmca-blog」に書かれてますのでご覧くださいませ・・・と言ってはみたものの、あちらのblogで書かれたことをこちら「管理人のひとりごと」でもお知らせしてくれるだろうと思っていらっしゃる方もいらっしゃるそうですので、その箇所をコピー&ペーストしておきましょうね。

****************************************************************** 
(以下、「hmca-blog」より)

 今回もコンクール部門の結果発表は、ホワイエを利用してトロフィー授与の形で発表とさせていただきますので、参加者の皆さまのお立ち合いとトロフィーと講評用紙のお持ち帰りをお願い致します。

◎集合場所 ⇒ ホワイエ
 いずれも時間は舞台の進行状況により変更になる場合がありますので、予めご了承願います(予定時間の前後10分間くらいは余裕を見て頂きたくお願い申し上げます)

【幼児の部】 → 12:20頃より予定

【小学校1・2年生の部】 → 14:00頃より予定

【小学校3・4年生の部】 → 14:20頃より予定

【小学校5・6年生の部、連弾の部】 → 15:40頃より予定

【中学生の部、大学生・一般の部、高校生の部】
 → フレッシュアーチストステージ2終了後(19:00頃を予定) 

****************************************************************** 

 明後日、Kitaraのステージで参加される皆さんがそれぞれ頑張ってきた成果が発揮できますよう、楽しく演奏出来ますよう、お祈り申し上げます♪ mariyurinopapa
17th_kaisai_youkou_top_1225



 先日、運転中にラジオで聞いたお話、まぁ~この時期によくある話だと思いますが「おせち料理に飽きたら食べたくなるのは?」って話。やはりというか予想通りと言うか、定番という言うか、第一位は「カレーライス」でした。元旦からしばらく一人暮らしでしたが(笑)、一月三日の朝にレトルトですが函館五島軒の海鮮カレーを食べました。シーフードカレーを食べたのは30年以上振りくらいかな?ワタクシは食べたいのですが、真由美先生は「(美味しく作れない可能性があるので)シーフードは作らなくていい」と言う感じで。なので年末に用事で函館に行ったときにレトルトのを購入、実際には箱の写真のようなエビやカニもがっつり入った豪華なものではなく,リング状のイカが中心。ありゃま!と思いましたが味は美味しかったです。そして1月7日の朝に自分一人で食べるのにルーを使って作ったのは、昔々の母さんが作ったカレーライス風、ジャガイモ&ニンジン大きくゴロゴロ、玉ねぎと豚肉(ビーフカレーよりポークカレーの方が好き♪)もガッツリ入ったやつ。ルーは、普段は買うことがなくなりました「印度カレー」の辛口。自分で作ってなんですが、懐かしい感じ、そして美味かった!朝カレーはその後はまたレトルトですが食べてます。「朝カレー」って数年前、シアトル・マリナーズで活躍していたイチロー選手(当時)が食べてることで話題になったことありましたよね。ちなみに今日のお昼は(麻里江はお出かけで)一人だったので、今年“初ナポリ”にしました。ワタクシの年代、やはりナポリタンも外せないですよね。濃い目の味、久しぶりに粉チーズもたっぷりかけて、うん、自分で言うのもなんですが、なかなか美味しゅうございました♪
 
 さて、本題・・・ショパコン in ASISAの為、二週間の家出をしていた~じゃなくて、二週間の東京出張をしていた真由美先生から最終レポートが届きましたので、今日は真由美先生の「ひとり言」です。
 
*******************************************************************  
 
 1月1日からの東京滞在、いよいよ今日14日が生徒さん出場の最終日でした。今日のアジア大会の演奏を聴いて夜の飛行機で帰る予定でしたが、新千歳空港降雪のため天候調査、飛行機が飛ばない可能性が出てきてしまいました。それなら…と、私は明日朝の飛行機に変更し、今、空港近くのホテルに滞在してこの独り言を書いております。

 前回の独り言ではアジア大会の前日で終わっておりましたが、同時に全国大会も進んでおりました。私、乃菜先生、麻里江先生はそれぞれホテル、レッスン、ホール、とたくさん歩いて移動しておりました。東京では本当によく歩くんです。移動はほとんど歩きと電車ですので、今回の滞在では最高歩いた歩数が15294歩、平均でも毎日10000歩以上歩いてました。北海道にいてこんなに歩くことはないので、すごい!!…と思いますが、残念ながら体重は減ってません!!(話がそれてしまいましたね。)

 ショパンコンクールの話に戻りまして・・・このコンクール初出場、中学生のT君。中学生部門は全国大会ではエチュードとショパンの曲を弾きますので、難易度も上がりかなり大変でした。しかし彼は初めての大会を楽しんでいたようで、結果は残念でしたが、今回の出場でまた新たな目標ができたようです。
 
 同時進行で行われてました小学5・6年生部門アジア大会と小学3・4年生部門アジア大会。こちらは全国大会から日にちがあまり経っていなかったこともあり、本番への気持ちのコントロールがとても難しいことを痛感いたしました。全国大会で良い成績(演奏)だったので、なおさら気負いすぎてしまうのか上手くいかないこともありましたが、小学3・4年生部門でRちゃんが銅賞受賞いたしました。
 
 ショパニストI部門のアジア大会。朝早い順番でしたが、素敵な演奏をしてくれたY君。今までの集大成のような演奏で、アジア大会を銅賞受賞いたしました。

 コンチェルトAA部門出場のYちゃん、麻里江先生と息のあった演奏で全国大会は銀賞。翌日にはポーランド・エヴォリューション弦楽四重奏団の方とのリハーサルがあり、緊張のオケ合わせでした。持ち時間は1人15分、その中でテンポや呼吸を合わせるのは難しいのですが、これも良い経験ですね。アジア大会では緊張の中でも楽しんで演奏ができ、銀賞受賞となりました。とても貴重な素敵な経験でしたね!

 さて、生徒さん出場の最終日、今日行われたのは小学1・2年生部門のアジア大会です。1・2年生は1月4〜5日に全国大会が行われましたので、そこからアジア大会まで約10日間。とても長かったですね。ご自宅で過ごされている方は良いのでしょうが、北海道から兄弟姉妹で出場しているため、途中で家に帰ることもできず、東京に滞在しながら毎日スタジオで練習を頑張っていました。緊張の中、2人ともそれぞれ持ち味を生かした演奏ができ、結果はなんとアジア大会金賞1名、銅賞1名となりました!!

 これにて、今年のショパン国際ピアノコンクール in ASIAのホール審査が終了で、このあとはオンライン決勝にでしている方もいらっしゃいます。また、来週日曜日は「ほっかいどうミュージックフェスティバル」が札幌コンサートホールキタラにて開催されますので、出場される方は頑張ってくださいね。

 1月もあっという間に半月が過ぎましたね。今年も一つ一つ丁寧に頑張っていきたいと思います。
 
  
******************************************************************* 

・・・とのことです。 

 今年も正月早々の東京大出張も終わり、乾燥の東京から雪国の我が家に戻ってきます。生徒さんたちご家族も先生方も本当にお疲れ様でした。そして次は一週間後、第17回ほっかいどうミュージックフェスティバルもどうぞよろしくお願い致します! mariyurinopapa
image_123650291
image_123650291-2

20240103_シーフードカレー
20230107_カレーライス

↑このページのトップヘ