管理人mariyurinopapaのhitorigoto (o^_^o)

木村真由美ピアノ教室ホームページ管理人のたわいもない「ひとり言」です。

 秋から冬にかけて、スポーツの国際大会が面白いですね。ワタクシ的には何と言っても一番が「ラグビーワールドカップ2019日本大会」、涙がでるほど感動しました!そして同じくらいの時期でしたが、「FIVBワールドカップバレーボール2019」男女大会も国内で開催、日本チーム男女ともに格上国を倒すなどこちらも盛り上がりましたね~。そして、つい先日終わりました「卓球ワールドカップ団体戦 2019 TOKYO」、こちらも男女とも好成績だったと思いますが、特に女子!決勝で中国に敗れて48年ぶりの優勝を逃してしまい、ワタクシは残念無念(T◇T)。でも、今の日本女子でしたらもし中国に勝っても「奇跡」とか「番狂わせ」とか言わせないくらい強くなりましたよねぇ~。東京五輪では、金メダル取れるように頑張って欲しいなぁ~。

 そして今は、野球です!「2019世界野球WBSCプレミア12」、一昨日、侍ジャパンはアメリカに負けましたが、昨日はメキシコに勝って!スーパーラウンド、全勝国はなくなり、優勝予想は難しい状態となっているのではないでしょうか?でも、日本にはやはり優勝して欲しいなぁ~♪

 ところで、立冬となって「冬が来た」と思うより、やはり雪が降り積もって「冬が来た(T◇T)」と感じるのですが、今のところ、ちょこっと雪が降ったくらいでまだ降り積もるほど多くは降っていません。でも、昨日届きました岩見沢市からの防災・防犯メールサービスによりますと「空知地方では、14日昼前から風が強くなり、16日にかけて雪を伴った非常に強い風が吹く予報です。また、14日夜から16日にかけて降雪量が多くなり、大雪になる予報ですので、暴風や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害などに十分注意するとともに、今後の気象情報に留意してください。」とのことです。本日未明は風が強烈にうるさくてなかなか眠れませんでした・・・ワタクシ、デリケートなので。ホントだよ。

 ちなみに今日の北海道新聞・夕刊によりますと・・・「道内今夜から暴風雪」「11月では“10年に1回級”」との見出しで書かれてました(滝汗)。「10年に1回起きるレベル」って、どんだけさ?(T◆T)そんな天気はいらない、そんな天気は嫌いだよぉ~!(T◆T)

 さて、そんな中、真由美先生は明日、北陸は富山市に行きます。明々後日の17日(日)にピティナ・ステップのアドバイザーの仕事です(ステップは、ピティナ・ホームぺージにて事前にアドバイザーが公表されてます)。飛行機で行くのですが、新千歳からの直行便は一日一便しかないようで、冬の北海道(天候上など何かトラブルがあって遅れることになったら大変ですので)、一日早い行動です。真由美先生は、富山での仕事は今回が初めてで、何だか楽しみにしているようです。なので、富山の皆さん、どうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m・・・って、ワタクシがここでよろしくお願いするのも可笑しな話しですが(笑)

 ワタクシも富山県や北陸地方には行ったことはありませんが・・・富山と言えば、1人でお昼の時、時々買って食べます・・・富山ブラックのカップ麺、結構好きです。(*^^*)ァハ mariyurinopapa

 積もりはしなかったですが、とうとう来ましたね・・・雪降りました(T◇T)皆さんのお家の車、タイヤ交換はお済みでしょうか?我が家は、一昨日、2台とも交換しました♪

 さて、発表会も終わり先生方もひと段落・・・でも、これからまだ冬のコンクールありますので、そうのんびりもしれられないかな?ワタクシもね、先週から草木も眠る丑三つ時までの仕事(教室発表会や音楽イベント関係とは別にデータ入力の仕事、一日中、苦手なPCのキーボードを打ち続けて、しんどかった)が続いてさすがに疲れたのと、家の車2台のタイヤ交換をしたら腰が痛くなったので(笑)、ちょっと休息を・・・真由美先生と「しこつ湖 鶴雅リゾートスパ 水の謌」で充電してきました(ちなみに麻里江先生は別行動でひとり旅)。ここの温泉は静かなので好きです♪

 温泉入って、サウナで汗流して、美味しいもの食べて、ビール飲んでワイン飲んで(ワタクシだけ)。夕食の後は、ロビーコンサート・・・パラグアイハープ「アルパ」の素敵な音色を堪能させて頂きました。日本の歌謡曲をアレンジした曲が多かったので、真由美先生にワタクシの好きな「El Condor Pasa(If I Could)」(サイモン&ガーファンクルの曲として知られていますが、原曲は南米ペルーの曲)を弾いてくれないかなぁ~とこそっと話してましたら、偶然ですが何と最後にこの曲を演奏、感動しました!終演後、真由美先生は、アルパの音を出す仕組みに興味、演奏会終了後に奏者の方に色々と聞いてました。

 雪がちらついたりして寒かったので、支笏湖周辺は殆ど散策できませんでしたが、束の間の休息を楽しんで、充電完了!これからまたあれやこれや色々とありますので、仕事頑張りましょう!ということで、ネ♪ それにしても・・・やっぱり食べ過ぎちゃうんだなぁ~(^.^;... mariyurinopapa
01
支笏湖。恵庭岳、頂上付近には雪が・・・。

02
水の謌、テラスからの風景。

03
ホテルの前で♪

04
夕食ビュッフェ、真由美先生のは、先ずはこんな感じから。
勿論、この後、まだまだ続きます・・・そして、ワタクシはビールからワインへ(*^^*)ァハ

05
本日のおもてなしの一品から・・・和牛ロースト♪

06
ロビーではパラグアイハープ「アルパ」の演奏会。
演奏はゴンザレス アキーノ エヴァ ナタリアさん。
最後に弾いてくれた「El Condor Pasa(If I Could)」は大好きな曲、感動しました!





 今日は、天候にも恵まれた中、まなみーる岩見沢市文化センター中ホールで木村真由美ピアノ教室演奏発表会「第33回ピアノコンサート」が開催されました。

 第1部・第2部・第3部の3部構成で、各部1時間40~50分程度・・・午前10:30に開演して、終演は午後18:30くらいでしたでしょうか?今年も個人教室としては長丁場の演奏発表会となりましたが、無事に終了できて良かったです。先ずは、参加した生徒の皆さん、いつも支えてくださるご家族の皆さん、そして先生方とお手伝いをしてくれましたOGの皆さん、大変お疲れ様でした!

 発表会は、例年と同じようなスタイル・・・特別なことはせずにオーソドックスに生徒さん1人ひとりの演奏をじっくり聴いて頂く感じです。出演した生徒さんたち、舞台袖ではとても緊張していたようですが、その緊張感は客席で見ていますとしっくりくる良い感じの緊張感のように思いました。客席には小さなお子さん(生徒さん)も多かったですが、会場内、その程良い緊張感に包まれて、ステージの演奏を聴いているような感じに思いました。それと気のせいかもしれませんが、お父さんやお爺ちゃん方がいつになく熱心に聞いていたような気がしました。お母さんやお祖母ちゃんだけでなく、私の時と違って(まりゆり姉妹が子どもだった頃)、年々?少しずつ?お父さん方も一緒になって、お子さんたちのピアノに向き合ってる(昔と違って、もしかして今じゃ当たり前?)ように感じるこの頃です・・・気のせいかもしれませんが(笑)。

 それとこれまた個人的な感想ですが・・・皆さん本当に素晴らしく小さな生徒さんから楽しく聴かせていただのですが、その中、今年は特に中学生・高校生の仕上がりが良かったように感じました。その頑張りが伝わってきましたし、(勿論、惜しい演奏もありましたが)良い仕上がり具合になっていたように思いました。それと音、出てましたよねぇ~!まなみーる中ホール、ピアノの音があまり響かない、鳴らない、とかってよく言われますが、今日は調律も良かったのか?(照明がピアノに当たる温度も気にして細かく調整してくれたようです、本当にありがたい、キタラやふきのとうホールでもいつもお世話になっているI氏に感謝です!)、気温も良かったのか?それはわかりませんが、でも、多分、その理由の一番は、生徒さんたちの演奏が良かったと思うんですね。真由美先生、よく生徒さんの演奏を聴いて「音が出てない~!」と嘆くことあるんですが(笑)、でも、ワタクシの気のせいかもしれませんが、今日は、出てたと言うか、中ホールの割には良い響きをさせていたような気がします。なので、聴いていて、迫力も感じましたし、それこそ心に響いてきました・・・少なくてもワタクシの心には、うん。お蔭様で引き締まった発表会になったと思うとります、ハイ。ある意味、手前味噌でしょうか(笑)。

 おっと、調子こいて喋ってると段々自分でも何を言わんとしてるのか、わかんなくなりますんで、ワタクシ目の素人感想は、この辺で(笑)・・・あっ、一応、言うときますが、音のこと、家に帰って真由美先生に話してみたら真由美先生も「客席で聴いていたワケではないけど、客席横の花道(?)のところで聴いていたら、私もそう感じた」って言ってました。真由美先生が「音が出てた」っていうの、珍しいかも・・・あらっ?ひょっとして、チラシとプログラム表紙「魔法使いの弟子に憧れて」、うさぎのピアニスト・ミッシェルくんの魔法が成功したのかな?(*^^*)ァハ

 と言うことで(って、どういうことや?)・・・・今年も木村真由美ピアノ教室らしい、素敵な演奏発表会となりました!演奏を聴かせてくれた生徒の皆さん、そして演奏を聴いてくれた客席の皆さん、ありがとうございました! mariyurinopapa
01
02
03
以上↑の3枚はビデオからのスナップショット。

以下↓は、ワタクシのカメラ撮影です。
04
05
06
07
08
12

以下↓は「カメラの理光」河野さん撮影のをスキャンさせて頂きました。
IMG_20191104_0001
IMG_20191104_0002
IMG_20191104_0003


 霜月となりました・・・早いもので今年も残すところ後二か月ですね。

 昨日、ショックなニュースがありました。沖縄県の世界遺産であります首里城で火災が発生、正殿などが全焼したとのことです(;;) 沖縄、しばらく行ってませんが、ワタクシの大好きなところでして、十年ちょっと前(麻里江先生が高校1年、友梨香さんが中学2年の頃)にも家族四人で旅行で行ったことがあります。その時、沖縄に到着して、レンタカーを借りて先ず最初に行ったのが首里城でした。その時の旅行の写真、(勿論、外付けにHDにもバックアップでとってありますが)いつでも見れるようにずっと「ピクチャ」のフォルダの中に入ってます。なので、思い出ある首里城の火災のニュースは、とても悲しかったです。時間がかかるとは思いますが、また復元して欲しいですね。

 さて、10月はハロウィンがあって、12月にはクリスマスがあって、世の中はちょっと浮かれ気分になりますよね。で、11月って、そんな感じで世界中で盛り上がるイベントって何かありましたっけ?季節的にも北海道では、紅葉の見どころもだいたい終わり、かと言って白銀の世界となるわけでもなく、木枯らし冷たく落ち葉が目につく、ワタクシ的には枯葉の色(茶色)のイメージなんですね・・・でもね、世界中でというものではないんですけど、教室にとってはあるんですよ~!一番大きなイベントが!

 そうです!いよいよです!明日は、木村真由美ピアノ教室演奏発表会「第33回ピアノコンサート」が、まなみーる文化センター中ホールで開催されます!発表会は生徒さん1人ひとりが主役です。勿論、緊張はするとは思いますが、ステージではのびのびと演奏をして、これまでのレッスンの成果、お家での練習の成果を存分に発揮してくださいね!みんなで”木村真由美ピアノ教室らしい発表会”を楽しみましょう!

 明日は勿論、入場無料となっておりますので、木村教室生徒さん以外でも演奏発表会をご覧いただけます。お時間がありましたら、生徒さんの演奏を聴きにご来場頂けますと幸いです。皆さまのお越しを心より待ちしております♪ mariyruinopapa

20191102_070119_okinawa
懐かしい写真・・・雨降る首里城にて

chirashi_191103_kimura-happyoukai_w750

 今日は日曜日ですが、先生方は朝からレッスン。昨日、学生音コン本選を聴きに行くため休講にした分の振り替え、発表会も近いので休んでる場合ではないようです。

 ワタクシは、午後から滝川へ。アートチャレンジ「太郎吉蔵」で開催の「Autumn Concert ~フルートとピアノによる~」を聴きに行って来ました。ちなみに太郎吉蔵と書いて”たろうよしぞう”ではなく”たろきちぐら”と読むとのことです(o^_^o)

 出演は、フルートの井畑志保さん(滝川高校、東京音楽大学卒業、同大学院修了)とピアノの田坂佳那さん(滝川高校、北海道教育大学岩見沢校卒業、同大学院修了)のお二人で、お二人とも中・北空知出身ですが、音楽的に岩見沢にも縁がありまして、私どもが岩見沢のまなみーる大ホールで毎年開催しております「ザ・クラシックコンサート岩見沢」にもこれまで出演して頂いております。

【Program】
●E.エルガー/愛の挨拶 作品12
●A.ドヴォルザーク/ユモレスク
●F.ショパン/ノクターン 作品9-2
●E.ダマレ/白つぐみ
●J.ビゼー/アルルの女より メヌエット
●P.チャイコフスキー/くるみ割り人形 作品71より
    ・行進曲 ・金平糖の踊り ・葦笛の踊り ・トレパーク
(休憩)
●B.ゴダール/3つの組曲 作品116
●C.シャミナード/コンチェルティーノ 作品107
●P.タファネル/ミニョンの主題によるグランドファンタジー

 コンサートは、第1部はテレビのCMやフィギュアスケートなどでも耳にしたことがあるようなお馴染みの曲を集めたプログラムで楽しく、第2部はフルートの名曲を堪能できるプログラムとなっておりました。

 トークを交えてアットホームで優しく楽しくも、クラシック音楽の素晴らしさや奥深さを味わえたとても良いコンサートだったと思います。井畑さん、田坂さん、お疲れ様でした。素敵な音楽をありがとう♪

 コンサート終了後、ワタクシはちょいと寄り道、赤平へ。エルム高原リゾートの日帰り温泉「ゆったり」へ。ここの温泉、静かで結構好きなんです。今日もサウナ室の中、誰もしゃべらず静かに汗を流してました。「ゆったり」で少しゆったりして、それから高速道路で岩見沢に帰りました♪ mariyurinopapa
20191027_Autumn_ Concert_1
20191027_Autumn_ Concert_2
20191027_Autumn_ Concert_3

 今日は、札幌コンサートホールKitara小ホールにて「第73回全日本学生音楽コンクール本選」が開催、当教室から中学校の部で2名と高校の部で1名、生徒さんが出場しますので、ワタクシも先生方と一緒に午後から生徒さんが出場する部を聴きに行って来ました。先ずは、出場された皆さん、ご家族の皆さん、ご指導の先生方、大変お疲れ様でした。そして運営の毎日新聞北海道支社のスタッフ皆様、今年も教室生徒がお世話になり、どうもありがとうございました。

 出場者皆さん、相変わらず高いレベルでの演奏ばかりで、大変聴き応えがあるコンクールなのですが、場内、非常に緊張感がある張り詰めた空気みたいなものがあって、ワタクシなんかは小心者ですので、聴いているだけなのになんか妙に緊張しちゃって、座っているお尻やら床についている足のつま先やら、なんか力が入っちゃって・・・正直言って、自分が弾いているワケでも運営スタッフでもないのに、全てが終わった後、その緊張感のせいか?今ちょっとクタッとしてます(苦笑)

 さて、それで教室生徒さんは・・・中学校の部のKちゃんは、小学校の時にこのコンクール(学コン)に挑戦しましたが、その時は予選通過ならずでした。今回、初めて予選通過しましたが・・・予選通過をして、本選の曲をやっているのが初めて聴こえた時、「えっ!大丈夫?間に合うんかい?」と正直言って、ワタクシは大変心配になりました。そう、ワタクシは本当に心配で、時折、先生方に「Kちゃん、どう?」と聞いていたくらいですから(笑)。でも、これまでの彼女のピアノ人生の中で一番練習したんでしょうね、きっと。あの高いレベルの出場者の中、彼女もまた緊張しながらも堂々と弾いてましたよ、うん。この例えが良いかどうか分かりませんが、演奏が終わった時は、ワタクシ、飛行機が無事に空港に着陸した時のような安堵感でした。入賞にはならなくても、今回は本当に素晴らしい経験をしたと思いますし、このコンクールに向けて頑張ってきたことが報われたように思いました。本当にお疲れ様でした!

 同じく中学校の部のR君は、今回、学コン初挑戦で本選進出、そして見事に奨励賞を受賞しました。彼は小6の時に毎コン本選で金賞受賞、その後、ピティナではD級とE級で全国入賞、ショパコン in ASIA のアジア大会でもコンチェルト部門で金賞を受賞するなどここ数年でメキメキと力を付けてきていると思います。そういった意味では、今回の学コン本選の舞台を経験できたこと、そしてその中での入賞は、本当に素晴らしいことで、これから彼がグレードアップ?バージョンアップ?していくための良い励みになることかと思います。もっとピアノが上手くなりたいという気持ちがあるならば、またきっとこのコンクールにチャレンジすることになるでしょう。一つ一つ積み重ねていって目指す演奏ができるように、これからも精進していって欲しいと思います。今日はおめでとうございます!

 そして高校の部のNちゃん・・・彼女は、これまで学コンでは小学校の部と中学生の部で奨励賞を受賞してまして、高校の部は昨年に続き2度目のチャレンジです。彼女にとっても先生にとっても、目指すものがあって、それはやはり他の出場者の方々も目指しているものです。その結果は・・・奨励賞受賞となりました。先ずは、入賞、誠におめでとうございます!真由美先生の話し「自分のベストの演奏ができずちょっと悔いの残る演奏となりましたが、Nちゃんの良さは十分発揮されていたと思います。その中で入賞できたということは、これからの励みになりますね。」とのことです。今回の悔しさは、確りとこれから歩む道に生かして欲しいと思います。この世界、上に行けば行くほど大変で困難になっていくと思いますが、でもそれを一つ一つ超えていくことにより、きっと音楽的にも人としても成長できると思いますので、頑張って欲しいと思います!

 という事で、当教室にとっての第73回全日本学生音楽コンクールは終了しちゃいました・・・よしっ!ならば、全国大会に向けては北海道代表の皆さんを静かに心の中で応援することにしよう♪( ゜゜)( 。。)( ゜゜)( 。。)うんうん mariyurinopapa
20191026_学コン本選IMG-8945
20191026_学コン本選IMG-8948
20191026_学コン本選IMG-8952

 プロ野球の日本シリーズ、福岡ソフトバンク・ホークスが読売ジャイアンツに4連勝で優勝となりましたね~。なんか、シリーズも「あっ!」と言う間だったような。それにしてもホークスは、これで日本シリーズ三連覇とのことです。大したもんだ。

 さて、この度、(ワケありまして)デジタル一眼レフカメラを新しく購入・・・前のは、たしか12年前に購入したものでしたので、デジタル一眼レフカメラとしては、今回も低価格帯のものなのですが、これまでのより当然ながら機能が少し良くなってますので、何だか少し楽しい気分です(笑)。。カメラが届いたのは、実は先々週だったのですが、なんやかんやありまして、なかなか時間が取れず、撮りに行ってませんでした。

 という事で・・・新しいカメラの試し撮りを兼ねて、今日は一人で夕張市の「滝の上公園」に行って来ました。相変わらず,カメラの何たるかもわからずに適当に撮ってるだけですが、良かったらどうぞ見てやっておくんなさい♪ mariyurnipapa
20191023_takinoue_101
20191023_takinoue_102
20191023_takinoue_103
20191023_takinoue_104
20191023_takinoue_105
20191023_takinoue_106
20191023_takinoue_107

 今日は、午後から天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われました・・・したっけ、今日は祝日だったんですね。祝日だってことすっかり頭に入ってなくて、朝、郵便局や空知信金がシャッター降りていてお休み、それで気がつきました(苦笑)。平成の30年間は「災害の時代」とも言われてましたが、令和になっても自然の大災害は発生、東日本を縦断した台風19号による豪雨の被害は甚大で、亡くなられた方は既に80人以上となったようです。今日は「即位礼正殿の儀」をテレビで見ながら、あらためて令和は平和な時代であって欲しいと思いました。

 さて、今日はホームページの更新を2つ・・・先ずは、「フォトアルバム・別館1」(コンクール全国大会出場の思い出)ですが、第43回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会の記念写真を掲載させて頂きました。そしてもう一つは、同じく今年のピティナ全国決勝大会の教室生徒さんたちの動画、ビデオを生徒さんからお借りしてYouTubeにアップロード、それからホームページの「ミュージック」ページにリンクを貼りました。当教室のホームページを知っている人たちだけが見れる形の限定公開なので、YouTubeでの検索では勿論出てきませんし、アップロードした「sincreremk」チャンネルでもワタクシ以外は見れない形になっております。

 お時間ございましたら、「フォトアルバム・別館1」と「ミュージック」ぺ―ジから教室生徒さん(ソロ3人・連弾3組)の動画をどうぞご覧くださいませ♪ mariyurinopapa

 昨日のニュースになりますが、北海道新聞のトップ「札幌で五輪マラソン合意」「「IOC理事会と組織委」と。記事によりますと「開催都市の東京と東京都をはじめ札幌市などとの調整がまだ残っているが、札幌開催は確実な情勢となった。」とのこと。札幌で五輪と言えば、過去にも未来にも頭に浮かぶのは“冬季五輪”ですが、一部の競技(マラソンと競歩)とは言え、札幌で“夏季五輪”とは、思ってもみなかったですね、ワタクシは。札幌市にとっては、多分、良いことだと思いますが、少しだけ複雑な気持ちも。東京五輪なのに(関東圏ならまだしも)札幌で?もし、仮に札幌で冬季五輪が開催になったらとして、その一部の競技が道内なら違和感が感じないと思いますが、道外、例えば北海道から遠い長野(1998年冬季五輪開催都市)とかで開催されるとしたらどういう気持ちになるかな?とかって少し考えてしまいます。それに東京とは違って湿度の違いはありますが、札幌も7月・8月に30℃超えする暑さになることは珍しくないですし。あとピアノ教室をやってるという事で心配なのが、時期的に夏のピアノコンクールの本選に日程がぶつかる可能性も・・・だとしたら、道南・道東・道北など遠方からの参加者の宿泊先の確保が難しくなるのでは?など、そんなことも考えたりします。いらぬ心配かもしれませんが、勝手に心配性なもんで(笑)。まぁ~少し思ったことを言っちゃいましたが、前述の通りに札幌で競技が開催されることは、札幌市にとっても北海道にとってもきっと素晴らしいことなんだと思います♪

 さて、今日は、札幌六花亭「ふきのとうホール」にて「第21回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 札幌地区大会」が開催されました。参加された皆さま、大変お疲れ様でした。当教室からも2名の生徒さんが参加・・・結果二人とも金賞を受賞して、Second Stageの全国大会に進出することが出来ました。入賞入選、誠におめでとうございます!

 これで、先日の岩見沢地区と合わせまして、当教室からは全部で13名の生徒さんが、来年1月3日より神奈川県にて行われます全国大会に出場することになりました。合わせまして、これで、来年も正月早々からワタクシの“楽しい”一人暮らしが二週間くらい続くことも決まりました^-^;アハハ... mariyurinopapa




 今日は、まなみーる岩見沢市文化センター中ホールにて「第21回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 岩見沢地区大会」が開催されました。当教室からも12名の生徒さんがチャレンジ、金賞3名、銀賞5名、銅賞3名、努力賞1名と全員が入賞して、うち金銀銅を受賞した11名がSecond Stageの全国大会に進出することが出来ました。入賞入選、誠におめでとうございます!

 地区大会、次は10月19日(土)に六花亭ふきのとうホールにて札幌地区大会が開催されますので、こちらに参加予定の生徒さんは曲の仕上げを確りと頑張って欲しいと思います。

 ちなみに今回、岩見沢地区大会で全国進出を決めた11名の教室生徒さんもそうですが、多くの参加者が2地区併願していると思いますので、昨年もそうでしたが札幌地区大会は欠場者が多くなると思います。なので、進行状況を考えますと少し早めの行動を意識したほうが良いかもしれませんね・・・あっ、だからと言って演奏そのものは慌てず急がずいつものテンポで、どうか一つ♪(*^o^*) mariyurinopapa
20191014_chopin_iwamizaw_8913
20191014_chopin_iwamizawa_8912

↑このページのトップヘ